金物の町、三木特産の'三木金物まつり'。毎年恒例で行っていました'三木金物まつり'ですが2009年9月に突発性難聴になって両耳全く聞こえなくなり、筆談でないと通じなくなってからご無沙汰して居りました'三木金物まつり'を4年振りに今日(2012/11/3)行って参りました。とは言っても店を閉じて仕事で使う本職人用の道具を買う事がなくなり、専ら写真撮影用に'三木金物まつり'に行って来ました。メイン会場(ふれあい広場)では金物類だけでなく、あらゆる飲食物を売っています。三木勤労者体育センターでは本職人用の道具売場もあり、包丁研ぎ、鋸目立てコーナーもあります。みっきぃ広場では色んなイベントをやっています。'三木金物まつり'は毎年大勢の人出で混雑します。'三木金物まつり'は毎年11月始めの土・日に行われます。
会場(アクセス)=三木市役所前の広場です。 詳しくは→三木市役所のホームページ  2012/11/3撮影
index.html                                 下側へスクロールして御覧下さい(20枚)
多くの駐車場がある中で私は三木山森林公園に車を止めて無料バスで三木金物まつりの会場へ行きました。但し、9時半頃になると満車になり、南側の多目的広場の駐車場へ行かなくてはなりません。勿論多目的広場からも無料バスで会場へ行けます。森の文化館を背景に撮影
森の文化館は未だ(8:50)開いていなかったので裏側に廻って撮影。紅葉が早い・・と言うよりは枯れて落ちていますね
'三木金物まつり'の全景を上から撮影したいと思って市立青少年センターに上がっても途中から上に上がれないので窓越しにカシャ。逆光で太陽の反射が写り、気に食わない画像(写真)ですが全体層が分かると思い入れて置きます。9:13
三木金物まつりのメイン会場(ふれあい広場)です。とにかく、人・人です。県外から来ているお客さんもいます。金物だけではありません。器具、野菜、食べ物、何でも売っています。未だ9:15ですが9:30を過ぎると通るのに一苦労
スーパーも後ろに商品を一杯積んで掛け声良く売っています
酒も野菜も売っています
何故か、ガードマンが西遊記の沙悟浄(さごじょう)の持っている武器、半月刃の宝杖(はんげつじんのほうじょう)の様な物を持って警備に当たっています
'三木金物まつり'に相応しいキャラクターが登場
こんなマスコットも登場
みっきぃ広場では太鼓、踊り等色んなイベントをやっています。 エンゼル保育園の鼓笛隊
本職人用の道具売場(三木勤労者体育センター)。こちらはメイン会場と違って本職用ですので値段も高いです
勿論カンナも売っています
三木特産の色んな商品を展示販売しています
金物古式鍛錬の前では鋸の説明展示
金物古式鍛錬の実演を午前と午後2回やっています。3日は鋸の古式鍛錬。 実演の前に皆さんに説明
古式鍛錬が始まりましたが、途中刷毛で垂らしているのは単に水なのでしょうか?全く聞こえなくなると説明が分かりません
火の中に入れては叩く事を繰り返します
途中、サンテレビのインタビューに応じます
交互に叩きながら作業を進めます
叩いた瞬間、一瞬飛びます

index.html   《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです