今日は久し振りに'カワセミ(翡翠)'にお逢いに行って参りました。'カワセミ(翡翠)のダイビング'撮影は経験が浅いので戸惑います。'カワセミ(翡翠)'との距離、カメラとレンズの組み合わせ、カメラの各種設定をどうするか!花撮影と同じで背景にも気を配ります。色々悩みますがやはり'カワセミ(翡翠)'撮影は回数を増やした経験が上達の道の様に思います。又、寒い時期の撮影は防寒の用意も必要であり、今回の'カワセミ(翡翠)'撮影も寒かったのです。何はともあれ失敗は多かったけれども此れも勉強(撮影回数)の一環であり次の'カワセミ'撮影に期待したいと思います。今回はピント合わせと露出に悩まされましたが、何とか写っているのを独立したページの播磨の野鳥コーナー別館「カワセミのダイビング」に入れる事にしました。又、'カワセミ'撮影に挑戦したいと思いますが体調の問題もありますので機会があれば頑張ります。今回は気に入る画像(写真)ではありませんが何とか撮影出来たのを23枚入れて置きます。2015/3/4撮影
播磨の野鳥コーナーはここをクリック    播磨の野鳥コーナー別館「メジロの親子物語」はここをクリック
播磨の野鳥コーナー別館「エナガの巣立ち後も親は大変」はここをクリック
index.html                     全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。23枚
先ずはダイブで出て来た所を連写。  私って綺麗・・・
枝に戻ります
狙いを定めて飛び込みます
しかし撮影は難しいです
冒頭で申した通り露出とピント合わせです
枝に止まっている'カワセミ'だけをピント合わせすれば楽ですが飛び込む瞬間を重点に置きますので逆に此方がピントが合っていません
難しいです
やはり回を重ねる事ですね
美味しい
'カワセミ'がダイビングする所を続けて入れて置きます
背景が明るいので露出に戸惑いましたので次回の勉強課題です
海老を枝に叩きつけて食べやすくします
それから食べます
もう一度挑戦
少しアップの'カワセミ'を入れて置きます
やはり直ぐには飲み込みません
向きを変えて飲み込みやすくします
ああ、、美味しかった

index.html     《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです