前回(2015/1/16)福崎町辻川山公園の池で河童が出現する様子をテレビで見て行って参りましたが2年が経ち弟の河次郎(がじろう)が故障した為に新しく作り直して子ガッパも両脇に追加して河童、天狗、妖怪の町として色々増やしていますので今回ゴールデンウイークも終わり自動車道も元に戻っているだろうと思い辻川山公園に河童兄弟と天狗、妖怪の撮影にやって参りました。播但連絡道路の福崎北ランプを下車すれば辻川山公園の河童が出没する池までは近くで交通の便は良いです。駐車場の所に河童兄弟が出現する池があり北側には柳田國男生家や神崎郡歴史民俗資料館等があり、利用し易い場所だと思います。2017/5/8。河次郎(がじろう)の両脇にいる子河童の名前が決まりましたので追加して置きます⇒2017/5/20
住所(アクセス)=兵庫県神崎郡福崎町西田原。駐車場のある所のweb地図=Mapion
詳しくは福崎町観光協会のホームページ
index.html                          全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。47枚(25+22)
此処からは2017/5/8に撮影した画像(写真)です。25枚
辻川山公園の駐車場です。右側はトイレがあります
その横の妖怪ベンチには天狗がパソコンの操作をしています。福崎駅前の妖怪ベンチは河童が将棋を指している場面を作っている様です
作り直した河次郎(がじろう)は「尻子玉」を食べる場面がなく、前回より大人しい感じに見えます
左側の子河童=「チョチョタ」、右側=「ボンキチ」。河次郎(がじろう)の両脇にいる子河童の名前を募集していましたが決まりましたので報告して置きます。名前由来のストーリーについては福崎町観光協会のホームページを参照して下さい。2017/5/20追加
向こう側には兄の河太郎(がたろう)がいます
兄の河太郎をアップ
天狗の森の妖翁。色々河童、妖怪を増やしている様です
森に吹く風
その前にいる小さいのを大きくズーム
妖怪小屋から出てきたのは逆さ吊りの天狗
銜えているのはもちむぎのやかたで売っている「もちむぎどら焼き」です。一言で言えばコマーシャルです
柳田國男の像。奥の柳田國男生家は今日は月曜日で休みですので前回(2015/1/16)撮影した画像(写真)を下側に残してありますのでスクロールして御覧下さい
柳田國男・松岡家記念館。撮影禁止ですので皆さんにお知らせ出来ません
神崎郡歴史民俗資料館。館内は撮影禁止
薬師堂
柳田國男生家前を西へ進むと鈴の森神社
鈴の森神社の拝殿
更に辻川山の山頂へ階段を登って行きましたが途中に銅像が建ってあります
展望台から福崎町の南側を望んだ場面です
辻川山の展望台より東へ進んで行く途中にも銅像があります
北野天満神社
山を一周して辻川山公園に戻って参りました
花壇がありましたので入れて置きます
バックの建物は「もちむぎのやかた」ですが今日は定休日です
此処からは2015/1/16に撮影した画像(写真)です。22枚。正月前から帯状疱疹に罹りまして寝正月が続いていましたが痛みが大分良くなって来ましたので体調を整える事を重点にレンズを省いて身軽な体勢で辻川山公園の河童兄弟の撮影にやって参りました。
先ずは池から出現する弟の河次郎(がじろう)
駐車場の所にはトイレもあります。右には河童兄弟が出現する池があり、北側には柳田國男生家や神崎郡歴史民俗資料館等があります
池の北側から駐車場方面を望む。橋のたもとから弟の河次郎が出現します
左手前の兄の河太郎(がたろう)と弟の池から出現する河次郎(がじろう)
兄の河太郎を正面から撮影
更にアップ
「尻子玉」等の河童兄弟についての説明板
9:00から30分置きに出現
弟が池から出現する河次郎をアップでカシャ
向きを変えて撮影
北へ登って行くとお地蔵さんがありましたのでカシャ
柳田國男 像
その横には歌碑
柳田國男生家の説明板
柳田國男生家を撮影
玄関を入ってカシャ
少し北へ進むと薬師堂
柳田國男生家前を西へ進むと鈴の森神社
鈴の森神社の説明板
鈴の森神社の拝殿
横には、えびす神社
帰りは駐車場の南側にある「もちむぎのやかた」で食事をしてから帰宅。自宅まで35分

index.html                《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです