'あわじ花さじき'に行って参りました。帰りに'道の駅あわじ(松帆アンカレイジパーク)'で昼飯を済ませてから江崎灯台にも寄りました。淡路島には殆どの所には撮影に行っていますが'あわじ花さじき'だけは未だ行っていませんでしたので体調を崩してから大分良くなって来たのを機会に'あわじ花さじき'に行って参りました。自宅からは第二神明道路の伊川谷JCTを通り垂水JCTから明石海峡大橋を通ると45分位で淡路SAに到着します。そこから157号へ進めば'あわじ花さじき'に到着します。9時から開園の様ですが駐車場も入園料も無料です。その上、ガードマンも交通整理しており'あわじ花さじき'の案内所では丁寧に説明もしてくれます。園内では時期によって咲く花が入れ替わり咲く様になって綺麗に整備されています。帰りに寄った江崎灯台に登る階段は草ぼうぼうで江崎灯台の中は入る事は出来ず周辺に近寄る事も出来ず展望は極めて悪く皆さんにお勧め出来ません。2014/9/22撮影
場所(アクセス)=兵庫県淡路市楠本2865-4  詳しくはあわじ花さじきのホームページ
'あわじ花さじき'の駐車場の入口がある所の地図⇒Mapion

index.html                           全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。43枚
此処からは'あわじ花さじき'の画像(写真)です。32枚。2014/9/22撮影
先ずは「ふれあいの花園」に咲いている真っ赤に染まったサルビアの画像(写真)を一枚
此処からは廻った順に画像(写真)を入れて行きます。淡路SAの大観覧車
下側には子供さんが喜びそうな乗り物もあります
淡路SAからの明石海峡大橋。今日は見通しが良く、良いお天気になりました
'あわじ花さじき'に入園して展望デッキから見た見晴らしですが牛が放牧されているので帰りに近くで撮影しょうと思っていたら帰る時はいなくなっちゃいました
入園した所で一枚カシャ
サルビアの花は赤がメインですが白、紫、ブルーもあります
サルビアの花はマクロは綺麗に写りませんので少しだけアップでカシャ
廻りながら撮影を続けます
ブルーのサルビア
ふれあいの花園。休憩用のベンチも沢山置いてくれています
ふれあいの花園を右から左廻りに下りて行きながら撮影を続けます
紫のサルビア
真っ赤に燃えた・・・下側から眺めるサルビアは壮観です
ほんの少しだけアップ。お客さんも沢山来ています
ふれあいの花園を右から左廻りに下側まで下りて来ました
お天気も良く青空が広がりました
もう一枚
癒しの花園を更に奥へ進むと彼岸花が咲いていましたので一枚マクロでカシャ
上空にはトンビでしょうか!廻っていましたのでマクロレンズ(100mm)を嵌めていましたのでそのまゝカシャ。園内ではスコープと双眼鏡で調査している方が二名いましたが、まさかトンビではないでしょうね。
歓びの庭では高校生のガーデンショーが行われていましたので入れて置きます
香住高校、海洋科学科。作品名:海とエコの空間
但馬農業高校。作品名:自然と生きる
氷上高校、丹波里山環境保全班。作品名:丹波の恵み
篠山産業高校、生活科。作品名:香りの空間
有馬高校、環境専攻班。作品名:小鳥の集まる庭
兵庫県立農業高校、造園科造園スペシャリスト班。作品名:日本庭園ビオトープ
淡路高校、環境創造コース。作品名:廃材と多肉植物の活用
近くにススキがありましたので一枚追加
天空の小径でブルーのサルビア
もう一枚
帰って来た入口近くでもう一度撮影
此処からは'道の駅あわじ(松帆アンカレイジパーク)'からの画像(写真)です。2枚
久し振りに寄った'道の駅あわじ(松帆アンカレイジパーク)'で明石海峡大橋を撮影
淡路ジェノバライン、まりーんふらわあ2
此処からは江崎灯台の画像(写真)です。9枚
江崎灯台の下側には駐車場があります。明石海峡大橋を渡っている時に山の上に江崎灯台が見えましたので上から見る明石海峡大橋は良いだろうなぁ、と思って淡路SAでも聞いて来ましたが、、、涙・・・
休憩所も設けていますが此の西側には江崎灯台へ登る案内の矢印
しかし階段が隠れて見えません
以前来た時は確かに階段が見えていたのになぁ、と思って31号線に出て確認すると草ぼうぼうの階段がやっと見つかりました。
少しだけ上がった所に江崎灯台の説明板
草をかき分けて登って行くと少し広い目の階段があり草も増しになる所がありました
立入禁止となっていますが中央の鎖は外されています
説明板
江崎灯台です。下側にある灯台モニュメントとは大分違います。しかし此処から鎖が張ってあって中に入れません。駐車場の所で江崎灯台に登る案内矢印まで付けて置いて登って来ると入れません。これでは殺生な・・・階段を登る前に上に登っても江崎灯台に入れませんし周辺の景色の展望も出来ません、と表示していてくれでば草をかき分けて(マダニの心配もしながら)上まで上がって来る必要なかったのになぁ。

index.html                《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです