赤穂市の東側になります'坂越(さこし)のまち並み'に行って参りました。体調を崩してからカメラを持たず歩く運動をしていますが、今日は久し振りにカメラを持って'坂越のまち並み'にやって参りました。相生から南下して250号を通り高取峠を南下すると'坂越のまち並み'に到着。入館出来る所は10時からですので何時もの様に早く出掛けず10:15に'坂越のまち並み'の駐車場に到着。長閑な雰囲気の町並みでしたので'坂越のまち並み館'の担当者に聞いて欲張って山側の方へも散策して来ましたが12時になりましたので下りて来ました。2014/8/27撮影
場所(アクセス)'坂越のまち並み館'=兵庫県赤穂市坂越1446-2  詳しくは坂越のまち並みを創る会ホームページ
'坂越のまち並み'の駐車場の入口がある所⇒Mapion

index.html                           全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。49枚
途中、250号線の高取峠で撮影。浅野内匠頭の殿中刃傷を知らせる早かごが江戸から4日半掛けてここ高取峠を通ったと言う事です
すこしアップで撮影
説明文をアップ
458号線沿いにある'坂越のまち並み'の駐車場
駐車場の北東方面にはトイレもあります
とうろん台(やぐら台)を中心に坂越港方面を望む
とうろん台(やぐら台)の説明板を入れて置きます
駐車場の南側の遊歩道から坂越港方面を撮影。高い建物はホテルかと思いしや、マリンプラザ2001でマンションの様です
坂越港を撮影。中央は生島
戻って駐車場の北西方面に当たる此の通りが大道(だいどう)。メインとなる'坂越のまち並み'です。大道を進んで見ます
奥藤酒造郷土館
此処から入って見ます
見学出来る入口です
中はそんなに展示品はありません
妙道寺と言うお寺さんがありましたので中に入って見ました
妙道寺の説明板を入れて置きます
手水舎
妙道寺の御本堂
松を入れて鐘楼を撮影
'坂越のまち並み館'
'坂越のまち並み館'の中は展示品が並べられています
大きな金庫を係りの方から開け方の説明を受けます
ほうら開いたぁ
外に出て更に北西に進みますと、木戸門跡広場。トイレ休憩所になっています
木戸門跡の説明板
木戸門跡前から撮影
大道を戻って駐車場の前にある、旧坂越浦会所
中は色々展示されています
麦茶を御馳走になりながら坪庭を眺めます
2階は藩主専用の部屋「観海楼」が設けられていたそうです
一段低い小部屋に入りますと昔懐かしい枕が展示
'坂越のまち並み館'の担当者に教えて貰った大避(おおさけ)神社に行って見る事にしました。
通りのお店には工夫を凝らした飾り物でお出迎え
階段を登って行きます
神門
随神。金網が破れていた隙間から撮影
大避神社の拝殿
此の船の説明板をアップするのを忘れました
両脇には絵馬が掲げられています
拝殿側から振り返りますと此方向きにはお馴染みの仁王像の様です
展望広場にある銅像
展望広場から坂越浦を望む
更に北へと登って行きます。忠魂碑
更に階段を登って行きます
白勢稲荷
妙見寺観音堂
説明板
妙見寺観音堂の横にありましたので説明抜きでカシャ
12時になっちゃいましたので帰りは御覧の道を下りて行きました

index.html                《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです