曽根天満宮の梅園に行って参りました。梅の花は綾部山梅林を始め大阪や京都まで撮影に行っていますが地元(高砂市)である曽根天満宮にも梅園があるのを忘れてはなりません。秋には曽根天満宮の秋祭りの撮影に良く来ていますが今日は梅園の撮影に曽根天満宮にやって参りました。梅園はそんなに広い面積ではありませんが綺麗に咲いて居りました。今日は雨もぱらつきましたので午後3時過ぎと言う遅い時間帯に曽根天満宮の梅園にやって参りました。2014/3/14撮影
index.html    曽根天満宮の秋祭りはここをクリック
                                       全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。24枚
曽根天満宮前(南東)には専用の駐車場もあります。橋が架かってある所から梅園を撮影
梅園に入って先ずはカシャ
春日紅
曙枝垂
白滝枝垂と曙枝垂
マクロを少し。春日紅
月の桂
本門(随身門)
入って右側(東)には霊松殿。寛政10年に枯死した初代霊松の幹を保存
更に東側に伸びている所を屋根で覆っています
霊松殿の東側には曽根の松
手水舎
絵馬堂
上側を見上げると絵馬を奉納
曽根天満宮の社殿
西側には稲荷神社
前へ進んで撮影
その横にも梅の花が咲いています
本殿の西側
上側を見上げてカシャ
塩釜神社
戎神社
社殿の東側。秋祭りの時は手前で屋台の練り合わせが行われます
離れた場所から梅の花と本殿を撮影

index.html          《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです