大阪市立長居公園内にある長居植物園と自然史博物館に行って参りました。7時に自宅を出発致しましたが2時間は掛からず9時まで(9:30開園)に長居植物園に到着しそうですので尼崎ミニPAで15分程休憩してから長居植物園に向かいました。阪神高速14号松原線の駒川ICを下車して長居公園の南駐車場へ行きましたが東側からは中央分離帯があって入れませんので仕方なく、長居公園の地下駐車場へ入りました。此処は信号があり東側からでも入れます。此処で清掃作業をしている方に出会いましたので私は突発性難聴になって両耳全く聞こえなくなり、筆談でないと通じなくなりましたので、その主旨のカードを見せますと長居植物園に行くにはやはり南駐車場が良い様で一旦此処から出て左へ曲がれば良い、と言う事で出口まで案内してくれました。入って間もないせいか料金も発生せず出る事が出来ました。有難う御座いました。念の為に長居植物園の入口料金所の方に南駐車場から出る時にインターホンのやり取りは出来ませんので聞きますと今日は管理人さんが居る、と言う事で助かりました。両耳が全く聞こえなくなると辛いねぇ・・。気を取り直して長居植物園に入園して撮影して参りました。その後、園内にある自然史博物館にも入館して恐竜の世界も見て参りました。
場所(アクセス)=大阪市東住吉区長居公園1-23 。2014/2/22撮影
長居公園南駐車場の入口がある所のweb地図=Mapion ⇒先程言いました様に南駐車場は東側からは中央分離帯があって入れませんので西側から来る事をお勧め致します。長居公園の駐車場は三ヶ所ありますが長居植物園、花と緑と自然の情報センター、自然史博物館への利用は長居公園南駐車場が便利が良い様です。
長居植物園のホームページはここをクリック
index.html                          全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。41枚
長居公園南駐車場の道路を横断した直ぐ北側にある此処から左の方へ進むと長居植物園の入口があります
長居植物園に入った所から撮影
此の画像(写真)は帰りに撮影しましたがハス群生がある大池を撮影
先ずは東に進みますと遊歩道の両脇にパンジーやビオラ、水仙を植えています
その左側も撮影
ミニハボタンも並べて植えていると綺麗です
少し進むとツバキ園があります。しかしサザンカの方が多い様に思いますが
此れはツバキの様です
アップで撮影
マクロでカシャ
此れも追加
更に北へと進んで行きます。長居植物園ではシャクヤク園、シャクナゲ園、アジサイ園等場所事に植えられていますが時期的に花が少ない期間ですので大池の北側にある梅園に向う事にしました
大池でカワウを見つけてカシャ
大池北側にある梅園ですがそんなに面積は広くありません。こぢんまりした感じです。3分咲き位でしょうか
女性のカメラファンも増えました
私もアップで梅の花を撮影
マクロレンズでカシャ
ピンクは綺麗です
ストック
池の周囲を左へ廻って来ましたが橋の手前にも日本水仙
アップでカシャ
橋のたもとから「花と緑と自然の情報センター」方面を望む
ラッパズイセン
ハート型の花壇。バックの建物は「花と緑と自然の情報センター」
ハート型の花壇の前の自然史博物館前の上側にはナガスクジラの骨格標本
自然史博物館に入館しました。オオツノジカとナウマンゾウの実物大の複製 「おおさかにもナウマンゾウがいた」
館内には各展示室毎に纏めて展示
その一部をアップ
ナガスクジラ類の下顎骨
ナウマンゾウ等を展示
色々な恐竜を展示
デスモスチルス
2階でも色々展示。鉱物のせかい
植物も展示
タカアシガニ
オオジャコ
此処でもゾウの展示
色んな恐竜の世界に子供さんも見入っています
昆虫標本 「ところかわれば虫かわる」
カタログが手元になかったので完璧に説明出来ませんが興味のある方は直に自然史博物館に行って見て下さい
此処は隣の「花と緑と自然の情報センター」。此処でも展示品が並べられています。此処で食事をして帰って参りました

index.html                《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです