ONOKORO(淡路ワールドパーク)に行って参りました。ONOKORO(淡路ワールドパーク)内には'ミニチュアワールド'(1/25)があるので一度行って見たいな、と思っていたのですが此の度、淡路の水仙巡りをした後、ONOKORO(淡路ワールドパーク)に寄りました。園内は子供の乗り物だけではないのでアベック、大人の団体さんも入園していましたね。只時期的な事もあるのでしょうか、お客さんの数は少なかったです。その為か12月~2月末までは入園料は半額の様です。ONOKORO(淡路ワールドパーク)では主に'ミニチュアワールド'・遺跡の世界・童話の森を撮影して帰って参りました。ONOKORO(淡路ワールドパーク)の駐車場は下記の地図を参照して下さい。中央分離帯があるので基本的にはロータリーまで進んでUターンして戻って来る形になります。
ONOKORO(淡路ワールドパーク)の駐車場の入口がある所のweb地図=Mapion  2014/1/27撮影
ONOKORO(淡路ワールドパーク)のホームページはここをクリック
index.html                          全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。47枚
ONOKORO(淡路ワールドパーク)に入園した所で先ずは撮影
こんなのもあります
江戸時代に活躍した淡路島出身の海商、高田屋 嘉兵衛の辰悦丸(しんえつまる)を展示しています
説明板も入れて置きます
もう一枚追加
辰悦丸の中に乗船出来る様ですので入って見ます
船内の様子を模型で表現
次はワールドクルーズ。 エーゲ海ミコノス島の風景(ギリシャ)
オダンダの運河と風景(オダンダ)。 此の場所ワールドクルーズを見学する方法が分からず下側の所へ降りて見学するのかと思いましたが良く見ると下側に水が流れて右側にある乗り物に乗って見学する様です。しかしぐるっと廻って乗り場が見つかりましたが人出が少ないせいでしょうか?動いていません。仕方なく階段がある所を登って見ましたがそこから先へは遊歩道がなく周囲から見学出来る状況ではなかったのですが折角来ましたので足場の悪い所を一周して撮影して参りました
バリ島の生活文化(インドネシア)
ミクロネシアの漁村・港の情景(ミクロネシア)
ナイルの港と遺跡群(エジプト)
イースター島モアイ像(チリ)
場所を移動していたら「芝すべり」と言うのがありました。そう言えば子供の頃、土手で滑って遊んだのを思いだしました
此処からは'ミニチュアワールド'。 タージ・マハル(インド アグラ)
ノインシュバンシュタイン城(ドイツ バイエルン)
ワット・アルン「暁の寺」(タイ バンコク)
天壇(中国 北京)
聖バシリー寺院(ロシア モスクワ)
クライストチャーチ大聖堂(ニュージーランド クライストチャーチ)
バッキンガム宮殿(イギリス ロンドン)
マスジット・イ・シャー(イラン イスファハーン)
此処で一休み
万里の長城(中国)
もう一枚、万里の長城
ノートルダム寺院(フランス パリ)
セゴビア城(スペイン セゴビア)
ピョートル噴水宮殿(ロシア サンクトペテルブルク)
エトワール凱旋門(フランス パリ)
ピサの斜塔(イタリア ピサ)
此処からは童話の森。 ジャックと豆の木(イギリス昔話集)
ヘンゼルとグレーテル(グリム童話)
おやゆび姫(アンデルセン童話)
赤ずきん(グリム童話)
アリババと40人の盗賊(アラビアン ナイト)「千一夜物語」
はだかの王様(アンデルセン童話)
3匹のこぶた(イギリス昔話集)
西遊記(中国)
此処からは遺跡の世界。 巨石人の頭像(メキシコ)
墓守の石像(コロンビア)
ラムセス2世の像(エジプト)
人頭有翼牡牛像(イラン)
戦士の柱像(メキシコ)
帰りは淡路SAでお食事。反対車線(下り)の大観覧車を撮影
5時を回った夕暮れの明石海峡大橋
こんなのがありましたので序にカシャ
お馴染みの花時計

index.html                《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです