出石城跡と宗鏡寺(すきょうじ)の雪化粧の撮影に行って参りました。出石城跡と宗鏡寺(沢庵寺)には紅葉撮影には良く来ていますが今日は雪化粧した出石城跡と宗鏡寺(沢庵寺)の様子です。離れた場所での雪情報は分かり難いですが天気予報では夜中に雪が降り続く予定が朝6時出発予定の出石城跡の所のyahoo!(〒668-0214)の天気予報では雪の情報はなく、8時になってやっと雪の個人投稿が8名ありましたので2時間遅れで自宅を出発。10:20に大手前駐車場に車を止めましたが予想に反して駐車している車は殆どありません。それでも帰る頃の1時頃には可也駐車していました。先ずは出石城跡の雪化粧から撮影して諸杉神社、家老屋敷、宗鏡寺(沢庵寺)と歩いて撮影して参りました。宗鏡寺(沢庵寺)は下の方に入れてあります。最近スタッドレス(冬タイヤ)をはめてから雪景色の撮影に行っていますが、出石城跡に来る時も滑る経験をしましたのでより安全運転を心掛ける様に自分に言い聞かせました。以前の車の様にABS装置はありませんので急ブレーキ、急発進は禁物です。その他車間距離を十分とってスピードは控えめに、と言った所でしょうか。2014/1/22撮影。
出石城跡の場所(アクセス)=兵庫県豊岡市出石町内町1。
出石城跡の北側にある大手前駐車場のある所のweb地図=Mapion 
出石城跡、宗鏡寺の紅葉はここをクリック    雪景色の画像(写真)一ヶ所に戻る 
index.html                       全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。(51枚)
播但連絡道路の朝来SA(下り・北へ)
播但連絡道路の朝来SA(上り側を撮影)。 この後、和田山JCTから北近畿豊岡自動車道の八鹿氷ノ山ICを下車する予定でしたが雪の為か和田山ICに下車させられましたので時間が余分に掛かりました
大手前駐車場に車を止めて先ずは出石城跡の登城門に通じる登城橋。予定より時間が遅かったので足跡が一杯付いているだろう、と思っていましたが予想に反して客数は少なく、ハイヒールでは此の雪道を歩けません。因みに私は長靴に履き替えて行動
登城門より入って西隅櫓を望む
二の丸跡の雪化粧
下側に戻って稲荷神社通じる有子橋
有子橋から西側を望むと先程の登城橋が見えます
出石城の説明板
本丸跡より上側にある稲荷神社に通じる鳥居
滑らない様に気を付けながら階段を登って来ました。更に上へ登る有子山、登山口がありますが雪がありますので危険ですので此処まで
稲荷神社
稲荷神社のある上側から下側の本丸跡と出石町内を望む。手前の建物は感応殿(そば神社)、その奥は西隅櫓
それより少し右寄りを見た本丸跡と出石町内。上側に道路が見えるのは大手前通り
少しアップ。黒く見えるのが辰鼓楼
稲荷神社から降りて来た時は一時凄い雪
本丸跡の東隅櫓
感応殿(そば神社)
出石城跡の東側にある諸杉神社
鳥居を入って撮影。雪は降っていない時でも上の木からポトポト滴が落ちてきてカメラが濡れるのでカバーしなくてはならないので撮影し難いです
此の実はなんでしょう。近寄れる事が出来ればもっとマクロで撮影出来たのになぁ・・
此処は出石家老屋敷です
展示品が反射して光っていますので綺麗に写す事が出来ませんので一部省きます
床の間には鬼瓦を展示
此の急な階段を登って二階へ。上から見た光景
二階では清水御屋敷の模型を展示
一階に下りて来て撮影続行
一度駕籠に乗って見たいけどなぁ
大名行列の道具を展示
次は大手前通りを北へ歩いて行きますと店の前に目立つ傘を掛けています
宗鏡寺(沢庵寺)に向かう途中ですが出石史料館は今回は省いて少し歩いた所の酒蔵
近くにある本高寺。此の町には沢山お寺がありますなぁ
宗鏡寺(沢庵寺)の手前にある願成寺
アップして見ます
願成寺の鐘楼
宗鏡寺(沢庵寺)です
道順に進みます
雪かきをしています
此処から拝む事が出来るんでしょうね
御本堂の裏側に廻りますと沢庵和尚の作庭、とあります
此れが沢庵作の庭園「鶴亀の庭」
順路に従って廻って行きます
上側の茶室の所まで来ました。雪はタップリあります
茶席と雪化粧。 右側の建物は四畳半に沢庵和尚が住んでいたと言われている投淵軒(とうえんけん)
鐘楼
一廻りして来ました
お昼は店の前で誘導のおじさんにひかれて入ったとこで「山かけそば」で腹ごしらえ。そこから辰鼓楼を撮影
外に出て大手前通りの辰鼓楼の所から先程の食堂側を撮影
城下町出石の説明板

index.html        《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです