伽那院(三木市)の'カタクリの花'の様子を見に行って参りました。此の所野鳥撮影が主になっていますが新聞等の情報で伽那院(三木市)で'カタクリの花'のイベントがあり4月1日~2日は天平時代(7世紀)の装束を試着しての散策も体験できる様ですが合間を縫って伽那院に'カタクリの花'撮影にやって参りました。2013年に紅葉撮影に来ましたがその画像(写真)は重複する5枚を削除して下側に残して置きますので下側へスクロールして御覧下さい。新西国霊場 第二十六番札所 大谷山大谿寺(だいけいじ) 伽那院(がやいん)は天台系の山伏の寺であり毎年体育の日には山伏姿の修験者が近畿一円から集まってくるそうです。 2017/3/29。
場所(アクセス)=兵庫県三木市志染町大谷410。 伽那院の駐車場がある所のweb地図=Mapion
index.html                       全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。38枚(25+13)
此処からは2017/3/29に撮影した画像(写真)です。先ずは'カタクリの花'から入れて行きます。25枚
この様な囲いの中に'カタクリの花'を植えていますがお世話をしている「花あかりの会」staffの方があちこちに植えている場所を案内してくれました。私は耳が聞こえないので筆談して対応してくれました。有難う御座いました。'カタクリの花'が咲くには太陽が当たる事が必要ですが今日はそんなに日差しも強くないですが咲いている所を選んで撮影しました
それでは'カタクリの花'を撮影して行きます
少しアップ
'カタクリの花'を一輪アップ
更にズーム
此処でヒヤシンスが咲いているのをstaffが教えてくれましたので間に挟んで置きます
もう少し入れて置きます
マクロでズーム
駐車場に車を止めて入って行きます。新西国霊場 第二十六番札所の入口です
納経所
鬼瓦がありましたので入れて置きます
此のワンちゃん大人しく何時も居眠りしています
沢山並んでいますがその中の一部に「仲良しポックリさん」と言う像があります。 下の世話にはなりとうないと言っておられた、やぶなかのおばあちゃんは92才で亡くなられる直前まで草引きそうじと続けられました。 まえだのおばあちゃんは三日間だけ下の世話になって95才で旅立たれました。これらのおばあちゃんをしのんで像が造られました。とあります。そんな理由からなのでしょうか!伽那院の入山料は草引き10本とあります
開山堂
優しい顔立ちです
こんなのがありましたので入れて置きます
伽那院の御本堂(重要文化財)
三坂社
多宝塔
臼稲荷
東の方へ進みますと此処に中門があり、横にはトイレもあります
説明板を入れて置きます
手水所
行者堂。毎年体育の日には近畿地区から200名を超える山伏姿の修験者が参集して採燈大護摩をするそうです
山側には水子供養が一杯
帰りに山陽自動車道の権現湖PAに寄って上から権現ダムを撮影。手前は権現総合公園のキャンプ場
此処からは2013/12/3に撮影した伽那院(三木市)の紅葉です。紅葉は時期的に終わっているだろうと思いながらも伽那院に来ましたが、やはり来るのが遅かったですが逆光を帯びた紅葉が見つかりましたので撮影して参りました。13枚
伽那院の前の駐車場に車を止めると溝がある所の紅葉も色あせしていましたが来年はもう少し早く来て見たいと思います
新西国霊場 第二十六番札所の入口です
納経所
ワンちゃんが気持ちよさそうに眠っていました
全体の紅葉は駄目でしたが逆光で赤く染まっている所がありましたので撮影
もう一枚
「仲良しポックリさん」を始め沢山の像が並んでいます
東の方には中門があります
右側です。優しそうな感じですね
左側
多宝塔(重要文化財)
山側には水子供養が一杯
離れた西側には仁王門がありますが、秀吉の三木城攻めで仁王の頭部と脚部を焼失したと説明されていますが胴体部分だけ残っていますが焼けた様な印象は見られませんでした

index.html     《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです