加東市の花が「コスモス」である'河高コスモスまつり(畑)'に行って参りました。今年(2016)の'河高コスモスまつり'が行われるのは10月23日、'沢部のコスモスまつり(畑)'は11月3日の様ですが、それより早く'河高コスモス畑'にやって参りました。'河高コスモス畑'はJR加古川線の社町駅近くの線路沿いにある為に社町駅の時刻表を調べて平日は7時台が往復4本ある事が分かり早ければ6:57も撮影出来ればと思ったのですが駐車場に着いたのは7時で間に合いませんでした。早速'河高コスモス畑'に急いで向かいましたが今年(2016)の'河高コスモス畑'は線路より南東にあり踏切を渡って行きましたが今年の'コスモスの花'は満開で綺麗に咲いていました、と同時に線路より南側ですので去年の様に逆光にならず'コスモスの花'と列車の撮影はし易かったです。撮影後はレンズを交換してノビタキ「野鶲」を撮影して参りましたので'播磨の野鳥コーナー'を参照して下さい。2016/10/19
加東市観光案内所に駐車場がある所のweb地図=Mapion  
小野市、きすみのコスモス畑はここをクリック      志方東コスモスまつりはここをクリック
index.html                   全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。61枚(25+13+4+7+12)
此処からは2016/10/19に撮影した'河高コスモス畑'の画像(写真)です。25枚
先ずは先に'コスモスの花'とJR加古川線の列車を撮影したのを入れて行きます。
今日は晴れましたが線路の南東側に'コスモス畑'がありましたので逆光にならず良かったです
でも意外と撮影は思う様にはなりません
'コスモスの花'の入れる具合と列車とのバランスとを考えなければならないし他にもカメラファンがいますので撮影条件を練り直さなければならないので'コスモス畑'の畦道を行ったり来たりして場所を探します
'コスモスの花'と列車が通過する模様でした
此れは野鳥撮影をしている時に望遠レンズを嵌めていましたので遠く離れた所から撮影。おや、こんな所にコンビニがあったかな!と言う感じで撮影してみて気が付きました
以上遊び心の望遠レンズでした
わたし達が植えました。  ここから'コスモスの花'を入れて行きます
晴れた日と曇りでは写り具合が違って来ます
晴れた日は青空を多めに入れます
今年の'河高コスモス畑'の花は満開で綺麗に咲いていました
マクロも入れて置きます
此処までが2016年度の'河高コスモス畑'でした
此処からは2015/10/16に撮影した'河高コスモス畑'の画像(写真)です。13枚
上り列車が社町駅(右へ)に時刻表持参通りに来ました
しかし逆光で'コスモスの花'の向きとの兼ね合いもあり思う様に行きません
更に'コスモスの花'の元気良さにも影響があります
此の先(右側)が社町駅です
今度は下り列車です
曇り空の方が良かったのですが贅沢いってはいられませんので'コスモスの花'と列車撮影が出来たので「良し」としましょう
全体層の'河高コスモス畑'を撮影
もう一枚
今回はマクロレンズでの撮影はしていませんが野鳥撮影用のレンズを嵌めていたので遊び心でカシャ
逆光です
'コスモス畑'で野鳥が飛び立つのを見掛けましたので野鳥用レンズを出してきて撮影しました。詳しくは播磨の野鳥コーナーを御覧下さい
加東市観光案内所、トイレがある駐車場
此処からは2015/10/16に撮影した'沢部のコスモス畑'です。今回は175号の沢部の信号の南西側にありました。今回は工事をしていましたので南側の道路に幅寄せして止めなくてはなりません
'沢部のコスモス畑'の全体層
場所を変えて撮影
'沢部のコスモス畑'はイベントはないようです
此処までが'沢部のコスモス畑'でした。2015/10/16撮影
此処からは2013/10/18に撮影した'沢部のコスモス畑'の画像(写真)です。7枚
'沢部のコスモス畑'はスケールは広いです
画角を変えながら撮影して行きます
'コスモス畑'の間にありました
そこから撮影
小さい蝶々ですが止まった所をズームしてカシャ
マクロを一枚
此処からは2011/10/20に撮影した'コスモス畑'の画像(写真)を残して置きます。沢部の'コスモス畑'は綺麗に咲いて全て満開した。12枚
東側が175号線でその側道沿いの西側に沢部の'コスモス畑'がありました
正に今が一番良い時で全て満開です
どの方向を見ても綺麗に咲いています
もう一枚全景を入れて置きます
'コスモスの花'をアップしました
今日は快晴。青空を入れてカシャ
花の撮影は曇りの時の方が綺麗に写りますが青空を入れたい時は晴れている方が良いですね
'コスモスの花'の撮影は意外と難しいですね
一輪をアップ
赤い'コスモスの花'も入れて置きます
マクロ的にアップ
もう一枚、カシャ

index.html                《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです