'世界の梅公園'に今年(2014)も行って参りました。毎年気象状況に左右され'世界の梅公園'の撮影に行くタイミングに悩まされますが、未だ早いかな、と思いながら本日急遽行って参りました。今年の'世界の梅公園'の開花状況は綺麗に咲いている所と駄目な所との差が大きかったので、それに合わせて撮影した画像(写真)を偏って多く入れて置きます。'世界の梅公園'では中国風の建物との調和を図った独特の梅林風景が味わえます。'世界の梅公園'は世界の梅を約350種類、1800本植えられているそうです。綾部山梅林と'世界の梅公園'に連絡道はありますが15分程歩かなければならないので駐車代金は一ヶ所助かりますが体力に自信がない人は車を移動した方が良さそうです。'世界の梅公園'の駐車場は料金所を経て山を登って行くとトイレのある一番目と更に70m程先に二番目の駐車場があります。平日等、観客が少ない時は、山頂の駐車場まで行けます。2014/3/12撮影。
index.html       綾部山梅林2014はここをクリック
                     全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。計103枚(20+32+16+14+12+9
此処からは2014/3/12に撮影した画像(写真)です。20枚
'世界の梅公園'の山頂駐車場に車を止めて南側を眺めた場面
同じ場所から画角を変えてカシャ
唐梅閣(とうばいかく)と梅。今年の梅の花は尋梅館、来鶴軒、雪海香濤の所が駄目でしたので此処の画像(写真)を多めに入れて置きます
同じ所を少しズームで撮影
画角を変えて撮影
此方も少しズームしてカシャ
更に別の所からも撮影
唐梅閣に上がって展望台より南を展望
唐梅閣の入口の所です。一句お願いします
'世界の梅公園'の山頂東側、駐車場の此処から入って行くと登り岩展望台があります
登り岩展望台では屋根付の休憩所もあります
梅の花と工場群が建ち並ぶ展望
下の散策路に降りて撮影
戻って来てお馴染みの尋梅館の東側にある菜の花と梅の花とモニュメント
同じ様な場面を入れて行きます
今回はマクロ撮影はあまりしなかったのですが帰り際に撮影したのが少しありましたので入れて置きます
此処までが2014年度の'世界の梅公園'の画像(写真)でした
此処からは2013/3/13に撮影した画像(写真)です。32枚
'世界の梅公園'の山頂駐車場のロータリーの所から撮影。毎年撮影しているとマンネリ化してしまうので違った画像(写真)も入れて置きます
'世界の梅公園'のメインとなる梅影坡(ばいえいは)の枝垂れ梅も満開です。バックは尋梅館(じんばいかん)(梅資料館と喫茶店)
角度を変えながら撮影
もう少し右側からカシャ
梅影坡(枝垂れ梅)を撮影
もう一枚追加
マクロも入れて置きます
逆光の梅の花は綺麗に写りません
芝生広場にあるモニュメント。大きいおっぱいが八ッツ付いています
芝生広場の南にあるモニュメント
菜の花と梅との調和を図っています
向きを変えてカシャ
尋梅館の北側で撮影
尋梅館を北側から撮影
尋梅館を西側から梅の花を入れて撮影
雪海香濤(せっかいこうとう)(山門)。綺麗に咲いています
唐梅閣(とうばいかく)(楼閣)。花撮影は曇り空の方が綺麗に写りますが空を入れて撮影する場合は晴れた青空が写ると綺麗ですが・・・今日は雨の降る前の曇り空
角度を変えてカシャ
お馴染みの光景ですが唐梅閣の展望台に上がって尋梅館方面を望む
マクロも追加
落ち葉ならぬ花弁が溝に浮いていましたのでカシャ
来鶴軒(らいかくけん)(休憩施設)。'世界の梅公園'の二番目の駐車場から少し登って行った所にあります。
来鶴軒から北へ下りていった此処で少し休憩
来鶴軒から北へ下りていった此の場所は梅林の密集地で綺麗だったのですが周囲の木が大きく、なり過ぎて枝が邪魔になり全体層を写せなくなってしまいました
マクロも追加して行きます
'世界の梅公園'の山頂の駐車場の担当者が此の奥に登り岩展望台がありますよ・・と教えて頂きましたので行って見ました。2日前の見通しの良い日だったら海がもっと綺麗に写っていたのになぁ。。
山頂ロータリーの所の駐車場に戻って周辺でマクロ撮影
此処までが2013/3/13に撮影した'世界の梅公園'の様子でした
此処からは2012/3/18に撮影した画像(写真)です。16枚
'世界の梅公園'のメインとなる梅影坡(ばいえいは)の梅もまだ早いので今年は撮影画角を変えて撮影。バックは尋梅館(じんばいかん)(梅資料館と喫茶店)
梅影坡(枝垂れ梅)も入れて撮影
小雨が降っていますので尋梅館前より撮影
尋梅館を北側より撮影
尋梅館の西側から撮影
尋梅館の西側にある獅子吼亭
お馴染みの唐梅閣(とうばいかく)(楼閣)。雨が降っているのが写っています
レンズを変えてカシャ
唐梅閣の展望台に上がって尋梅館方面を望む
雨が降っていますので奥さんが傘を差してあげての撮影
こんな画角の画像(写真)も一枚入れて置きます
アップした梅の花
更にマクロでカシャ
'世界の梅公園'山頂の尋梅館の東側にある菜の花と梅
今年は菜の花が綺麗に咲いています
菜の花とモニュメント
ここからは2011度の'世界の梅公園'の画像(写真)を一部削除して残して置きます。2011/3/3撮影。14枚
尋梅館を西側から撮影
尋梅館の南側にある白い梅は割合咲いていましたが上の方はまだ咲いていません
雪海香濤(せっかいこうとう)(山門)。下側から撮影
山門の上部をカシャ
上がって来た上側からもカシャ
唐梅閣(とうばいかく)(楼閣)。ここの梅は満開です
少し違った角度からもカシャ
唐梅閣の展望台に上がって上からの景色。前方上側に見える建物は尋梅館
唐梅閣の展望台より見た瀬戸内海
唐梅閣前のピンク色の梅は満開です
緑萼(りょくがく)のマクロ
一重緑萼(ひとえりょくがく)のマクロ
通い小町のマクロ
同じくもう一枚
ここからは2010年度の'世界の梅公園'の様子を一部削除して残して置きます。今年(2010)は気温の温暖が激しく雨も多く、'世界の梅公園'の開花情報は、たつの市観光協会のデータでは3分咲き位の情報でなかなか更新されないので毎年'世界の梅公園'の咲き具合を想像で行かなくてはならないので悩みます。隣の綾部山梅林よりも幾分早い様な感じです。今日は注文していたレンズが昼前に到着。メジロ撮影のレンズテストも兼ねて日曜日の昼頃に出発。途中食事を済ませて'世界の梅公園'に着くとやはり大勢の見物客が来ていました。この人込みの中でメジロや梅を撮影するのは大変でした。手持ち撮影が出来ると思ってメジロを狙いましたがやはり長い事撮影すると疲れるので一脚が必要と、悟りました。
2010/2/28撮影。12枚
来鶴軒(らいかくけん)(休憩施設)。'世界の梅公園'の二番目の駐車場から少し登って行った所にあります。日曜日ですので人を避けての撮影は出来ません
唐梅閣(とうばいかく)(楼閣)。'世界の梅公園'の唐梅閣を背景に梅の位置を撮影する場所は毎年悩みます。又、陽射しや青空の状態に左右されますし、日曜の人込みの中では一層困難です
今年は新しくなったマクロレンズで撮影
それ程ぼかさないマクロで撮影
以上マクロは3枚入れて置きます
雪海香濤(せっかいこうとう)(山門)
尋梅館(じんばいかん)の北側にある通路の梅並木
池の所にあるメインの枝垂れ梅。今年は細いロープが張ってあり写真撮影は目障りです
梅影坡(ばいえいは)。 バックの建物は尋梅館(じんばいかん)(梅資料館と喫茶店)。
やはり日曜日のメジロ撮影は人が多いので大変です。その上重たいレンズと一般のレンズと交換しながらの撮影は草臥れます。野鳥撮影と一般の撮影は分けてする事ですね
ここは'世界の梅公園'の展望台の所から撮影
同じく展望台より撮影
ここからは2009年度に撮影した'世界の梅公園'の画像(写真)を残して置きます。2009年度は梅雨の様な天候で'世界の梅公園'に行く日は悩みましたが雨上りの今日、一番に行く予定でしたが隣の綾部山梅林に先に寄った為に午後一時になってしまいました。今年は一回で同時に撮影して回った為に疲れました。 2009/2/26撮影。9枚
'世界の梅公園'の二番目にある駐車場の所から下へ降りて行った所の梅は満開です
唐梅閣(とうばいかく)(楼閣)の所の梅。
唐梅閣(とうばいかく)(楼閣)の展望より撮影。  奥の建物は尋梅館(じんばいかん)
ピンク色のマクロ
枝垂れ梅と尋梅館
'世界の梅公園'の梅影坡(ばいえいは)
'世界の梅公園'のメインとなる枝垂れ梅は綺麗ですね
'世界の梅公園'では菜の花と梅との調和を取っています

index.html      《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです