此の度、大中遺跡、兵庫県立考古博物館に行って参りました。大中遺跡は以前から城の宮や明姫幹線(250号)を通る時に案内板等が目に付いていましたが実際、大中遺跡にやって参りますと大中遺跡公園内に2007年10月13日にオープン致しました兵庫県立考古博物館が出来ており想像を絶する広さと展示内容には驚きました。考古学的な資料位かな!と安易に思って中に入って見ますと奥行が広く展示遺跡は兵庫県の17地区の遺跡から集められた物を展示しており倉庫に当たる保存室にも多くの埴輪、土器、鉄槍等の破片が集められ保存されており、それらの修復作業を毎日進められておりB1から窓越しにB2の作業風景を見る事が出来ます。兵庫県立考古博物館は考古学に興味が無い人でも見学する価値はあると思います。兵庫県立考古博物館の図書室に当たる考古学情報プラザでは兵庫県内に所在する遺跡をパソコンで検索出来る他、データ化した蔵書を検索する事が出来ます。兵庫県立考古博物館の見学の後、北側には大中遺跡の復元した竪穴住居が点在してあり近くには播磨町郷土資料館(大中遺跡の資料館)があります。その隣には廃線になった別府鉄道の機関車と客車が展示してあります。更に別府鉄道の線路跡に出来た「であいのみち」をJR土山駅方面の東に進み、野添であい公園⇒野添北公園にまで足を運んで帰って参りました。2013/9/13撮影
住所(アクセス)=兵庫県加古郡播磨町大中1-1-1。 詳しくは兵庫県立考古博物館  大中遺跡のホームページを御覧下さい。
大中遺跡公園、兵庫県立考古博物館の駐車場がある所のweb地図=Mapion
index.html                             全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。61枚
大中遺跡、兵庫県立考古博物館の駐車場。帰る時に200円
駐車場から狐狸ヶ池に架かる橋の此処を歩いて先ずは先に見える展望塔にエレベーターで昇ります
展望塔からは歩いて来た橋と駐車場が見えます
西側の白い建物は播磨町郷土資料館(大中遺跡の資料館)。その隣には廃線になった別府鉄道の機関車が見えます。
展望塔から東を見ると得体の知れない植物が生えたりしていますが下は兵庫県立考古博物館になっておりそのスケールには驚きです
下に下りて来て兵庫県立考古博物館の入口です
綺麗に出来た館内は奥行があります
図書室に当たる考古学情報プラザでは兵庫県内に所在する2万5千ヶ所を超える遺跡をパソコンで検索出来る他、データ化した蔵書を検索する事が出来ます。
奥には受付があります。左側は喫茶室の様です
修復した土器を時代の説明と共に展示
テーマ展示室に入って行きますと考古学の展示ですので勿論、骸骨が出て来ます
私は突発性難聴になって両耳全く聞こえなくなりましたので写真撮影の事を聞きますと三脚とフラッシュは駄目ですが写真撮影は良いと言う事でしたので新しくなったカメラの感度を上げて手持ち撮影で出来る限り多くの画像(写真)を入れて置きます。
時代の移り具合を表現
画像に対する説明を全て出来ませんので後は画像(写真)のみを入れて置きます
子供さんが喜びそうな場所ですね
ガラスの上を歩いて渡ります。下側には瓦や土器の破片が・・・
此処までがテーマ展示室での画像(写真)でした
此処は別室にある体験展示室「発掘ひろば」。作業風景の写真
此処までが体験展示室「発掘ひろば」
B1Fに下りて来ました。ネットワーク広場
B1Fから見るとB2Fには兵庫県から集められた出土品が一杯
B1Fにある収蔵庫
B1FからB2Fで細かい修復作業ををしている所を見学出来ます。私は知らずに作業風景を撮影致しましたが帰ってから編集している時に上記画像で此処での撮影は駄目の表示が見つかりましたのでホームページに入れるのは省きます
元の一階に戻って体験学習室で古墳時代からあった昔の刀の持つ所に巻いてある組みひもの体験コーナーがありました
兵庫県立考古博物館を出て北側には大中遺跡の復元した竪穴住居が点在してあります
中に入ってISO感度8000でカメラテスト。スノーノイズは目立つのはない様です
別府鉄道跡に出来た「であいのみち」の西入口より撮影
少し進むと播磨町郷土資料館(大中遺跡の資料館)があります
中に入ると此処も撮影OKです
播磨町郷土資料館(大中遺跡の資料館)の隣には廃止になった別府鉄道の機関車と客車を展示
機関車の中で撮影
客車の内部。年期が経っています
更に「であいのみち」を東に進みました。ふるさと橋
野添であい公園
野添であい公園の東側には圓満寺と言う五重の塔がありました
中に入って見ました
お金も掛かっていそうな観音様
五重塔に上がらして貰いましたが何と全部納骨堂でした。エレベーターで四階まで昇り外に出て更に階段を登って上側から撮影。右下が先程通って来た、野添であい公園ですが手前に網目の障害物がある為に少しズームして2.8の開放で撮影して網目が写るのを無くしました
此の「であいのみち」を更に進めばJR土山駅。左側が、野添北公園
野添北公園内にある逢生庵(ほうしょうあん)と言う茶室。300円
野添北公園の広場です
滝がありましたので此れも手持ちでカシャ
納骨堂とは知らなかったとは言え五重塔は外から眺める方が良さそうです。野添北公園から

index.html                《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです