'ちくさ高原ゆり園'に行って参りました。'ちくさ高原ネイチャーランド(スキー場)'がある所にシーズンオフに'ちくさ高原ゆり園'が此の度オープン致しました。百合の咲き具合、お天気の事等を考慮して今日、'ちくさ高原ゆり園'に行って参りました。50種類150万輪植えられていると言う事ですが丁度満開で良かったです。自宅から約2時間程の9時前に到着。既に'ちくさ高原ゆり園'に入園して撮影している方がいらっしゃいました。入園料1000円、リフト料は500円です。リフトなしで歩いて登れますがやはりリフトを利用して上側から歩いて下りながら散策するのがベストでしょう。砂利道ですのでグリップの利く靴を履いて安全策を忘れない様に。私のナビは'ちくさ高原ゆり園'への案内がスムーズに行かない所がありましたので要所要所の地図を印刷して目で確認しながら行くのが良いでしょう。2013/7/23
※追記⇒ 2016年度からは'ゆり'の育成範囲をゲレンデ下部の約半分に縮小し、リフトも動かさないと言う事です。名前も'ちくさ高原ネイチャーランド'「花と緑のファミリーパーク」に変更するそうです。
住所(アクセス)=兵庫県宍粟市千種町西河内1047-218。ちくさ高原ゆり園の駐車場があるweb地図=Mapion
ちくさ高原ネイチャーランドのホームページはここをクリック  
index.html                      全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。48枚
'ちくさ高原ゆり園'の入口、料金所です
入園して左側からリフトに乗ります。長く伸びているのはスプリンクラーでしょうか
リフトに乗って上がります。全長560mを8分かかる、と言うことですが確かに乗っているのが長かったです
リフトの上から撮影を続けます。既にカメラファンが入って撮影しています
リュックを背負って振り返って後ろ向きにして撮影するのはつかえて、し難いです。中央の赤い屋根はレストラン、右の白い建物はスノーマンハウス
リフトを利用しないで登って行く方がいます
終点に近づいて参りました。黄色のエリア
振り返って見ますと・・・リュックが邪魔になり動きにくいが何とかカシャ
ゆり園を散策
頂上に到着して先ずはマクロから順次撮影して行きます
上から撮影しながら下りて行きます
手前の'ゆり'を少しアップして撮影
50種類の'ゆり'があると言う事ですが全ての名前を調べて入れていられませんので御容赦の程を・・・
トンボも寄って来ます
ヒメアカタテハでしょうか
振り返って撮影
綺麗に咲いた'ゆり'を散策しながら下って行きます
赤と白のエリア
混色の此処は一番のメインともなる綺麗な眺めで皆さん記念撮影
もう一枚追加。下側に見えるのが駐車場
カメラファンも夢中です
手前の'ゆり'をアップで撮影
下って行きます
色んな組み合わせの'ゆり'で雰囲気が変わります
振り返って上側を撮影
更に下りながら撮影
此れも振り返って上側を撮影
散策路は坂になった砂利道ですので滑らない様に注意
色んな虫が寄って来ます
リフトを入れて撮影
ストライプ模様の'ゆり'を下りながら下側から撮影して行きます
下まで下りて来ました。此の場所が「ちぐみんパーク」になるのでしょうか?残念ながら'ちぐみん'には会えなかったですよ、、
右側のリフトがある所の'ゆり'も一枚入れて置きます

index.html                《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです