'山陽電車'荒井の踏切でトラックと'山陽電車の衝突脱線事故がありました。2013/2/12の午後3時50分頃、'山陽電車'荒井駅の200m西に位置する高砂市荒井町の神戸製鋼所高砂製作所に行く時に交差する踏切で自動車運搬用のトラックと'山陽電車'姫路発阪神梅田行き直通特急(6両編成)と衝突し運転士は重症を負い乗客とトラック運転手、14人が怪我をしました。私は突発性難聴になって両耳全く聞こえなくなりましたので事故の状況に気付くのが遅れましたが夕方5時前に車を出しましたがパトカー、応援の車、交通整理、会社の退社時間、雨模様、夕暮れ等、色んな事が重なり車が前へ進みませんのでUターンして帰って参りました。あくる日(13日)は雨が上がりましたので7時前に自宅を出発して歩いて'山陽電車'の事故現場に行って撮影して参りました。'山陽電車'の乗客数は昔と比べてすっかり減りましたが高砂市荒井町には大手工場が沢山あり、通勤時間帯は'山陽電車'荒井駅に特急が停まる様になり朝夕はラッシュします。2013/2/13撮影。(21枚)
index.html                        全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。21枚
山陽電車荒井駅に向かって歩いていますと、代替輸送のバスと出会いました
山陽電車荒井駅の東隣にマンションがありますが此の上から撮影出来れば良いかも分かりませんが、勝手に入る事は出来ません
山陽電車荒井駅のプラットホーム。クレーン2台が来て撤去作業が行われています。右側が大阪方面(手前)行き。左側が姫路方面行き。
脱線してホームにぶつかった一両目の列車の撤去作業
場所を変えて西の方へ進みますと駐車場にある車がブロックの破片と共に無残な姿になっています
一台の車だけでも大変な損害です
道路沿いの居酒屋の表面は綺麗ですが線路側はキズついている様ですが此れより先に近づけませんので分かりません
この踏切で事故がありました。KOBELCO(神戸製鋼所)に行く道路ですが会社側(オク・南)から手前(北)の踏切を渡った所で自動車運搬用のトラックの後ろが線路にはみ出して止まり山陽電車(左へ)と激しくぶつかり大事故になりました。線路の南側の東西に延びる道路は線路沿いにあり手前の道路は信号がありますが、私は此処から左へ曲がる時は道幅が狭い上信号がなく、対向車が際で止まっていると曲がれませんので何時も危険を感じます。尚、この道は近年真っ直ぐ行く道が造られて三菱重工、BOSSのサントリー等の多くの工場にも行ける様になりました。更に奥の'あらい浜風公園'にも行けます。
此れは反対側の南から見た踏切です。踏切を渡った所で信号がありますが余裕がありませんので、その手前の車がいない事を確認してからでないと前へ進めません。現在はトラックも巻き添えを喰ったタクシーも撤去されています
先程の踏切から60m西の踏切です。タクマ播磨工場に行く道ですが先程の踏切が閉鎖になっていますので此の踏切を渡って線路沿いの道路を東へ行ってKOBELCO(神戸製鋼所)方面に向かっています。列車は踏切の間に移動している4,5,6号車両
KOBELCO(神戸製鋼所)に行く踏切の南側から事故車両(東側)を焦点距離240mで撮影。その為車両の間隔が短く見えます
更に少し東へ進んで此処より入れないロープを張ってある所より撮影。クレーン2台で撤去作業を行っています
電柱もなぎ倒されて衝突の凄さを物語っています
手前の3両目は脱線していない様です
更にズームで撮影
50分程して最初に撮影した荒井駅に戻って来ました。撤去は進んで1両目は中央に寄せられています
300mmでズームして見ました
無残に剥がれた車輪も見えます
荒井駅東の踏切で三菱重工へ行く道で通勤時間帯は荒井駅に特急が停まり大勢の方が出勤します
テレビを始め多くのカメラマンが撮影に訪れています
急遽、代替のバス乗り場に係り員を派遣

index.html     《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです