'書写の里・美術工芸館'の竹林の中にキノコの女王と呼ばれている'キヌガサタケ'が梅雨と秋雨の時期に生えます。書写山ロープウェイの近くにある'書写の里・美術工芸館'の近所に住んでいる私の知り合いの方から何時も'キヌガサタケ'を撮影した画像(写真)を送って来てくれます。今回(2016)は4年振りに'キヌガサタケ'を撮影出来ましたので追加して置きます。今日は'ゆめさきの森公園'に野鳥撮影に出掛ける為に播但連絡道路を走らせていましたが、豊富PAで友人から'書写の里・美術工芸館'で'キヌガサタケ'が出ているよ、とメールが入りましたので急遽予定変更して豊富ランプで下車して'書写の里・美術工芸館'に行って参りました。67号の横関信号の西側の書写橋を渡った所を右折(北へ)して突き当りが'書写の里・美術工芸館'の駐車場になって居ります。2016/6/15
書写の里・美術工芸館のホームページはここをクリック
index.html              全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。42枚(12+27+3)
此処からは2016/6/15に撮影した画像(写真)です。12枚
書写の里・美術工芸館に着くと友人が今までと違って分かり難い所に'キヌガサタケ'が生えている場所を案内してくれました
菌網と呼ばれる網目のレース状スカートが短い時間に伸びて行きます
下側には卵状の柔らかいのが顏を出していますが明日伸びるのでしょう
匂いに誘われて「イシガキチョウ」が寄って来ました
「ベッコウヒラタシデムシ」でしょうか、網を喰いあらしています
40分程でレースのスカートが伸びてしまいました
此方は別の場所に生えていた'キヌガサタケ'です。小さいですがスカートは一人前です
書写の里・美術工芸館の竹林前にある石造を入れて置きます。拭いてくれたのでしょうか、4年前に撮影したよりも綺麗です
その横にある此れも入れて置きます
中に入って見ましたが前回とはあまり変化はないようですので省きます
展示内容の他に実演や教室があって1年を通じてイベントがある様です
郷土玩具室
此処からは2012/7/8に撮影した画像(写真)です。27枚
先ずは友人に教えて貰いながら'キヌガサタケ'のレースのスカートが広がっている場所から撮影開始
此れは少しお淑やかな'キヌガサタケ'
別の場所の竹林からも'キヌガサタケ'が生えているのが見つかりました
土から頭を出して来た時は柔らか〜いです
右側の'キヌガサタケ'は少し黒くなって来ているのが分かります
右側の'キヌガサタケ'は短い生涯が終わって無残な姿です
勢いよく出て来ました
生えてきて間もない'キヌガサタケ'の画像を友人が送ってくれましたので一枚追加
伸びて行きます。8:38
レースのスカートが出て来ています。9:30
スカートも大分伸びて来ました。10:45  然し午前中までで途中で終わってしまうのもある様です。午後には朽ちてしまう短い生涯です
カラカサマントダケ。開くと下記の画像(写真)
下側からも覗いて見ました
別の場所にもこんなのが生えています
更に違う竹林にも・・・
今日は日曜日で横の交流庵で、お茶会がある様で珍しい'キヌガサタケ'を御観賞
思わずニッコリ
近くには書写山ロープウェイがありますが。秋には圓教寺に紅葉撮影に行きます。今日は梅雨の合間で青空が広がりました
'キノコ'だけではありません。こんな花も見つけましたがマクロレンズがリュックの中にありませんので代用でカシャ。綺麗に写っていません
書写の里・美術工芸館は10時から開館。郷土人形等の展示室や色々なイベント(教室)があり皆さんが参加されている様です
その左横の竹林前には御覧の石像が建っています
美術工芸館を横から撮影
七夕まつりのイベントも今日(8日)までやっている様です
館内に入って見ますと郷土人形や玩具を展示
泥仏の世界。階段状に並べられています
2階には色んな美術展示品や書展等もある様です
此処からは2012/7/6に撮影した画像(写真)を残して置きます。出発が遅れたと同時に朝の交通渋滞に巻き込まれ書写の里・美術工芸館に着いたのは8:15頃でした。'キヌガサタケ'の伸びて行く過程を撮影する予定でしたが途中雨が降って来ましたので書写の里・美術工芸館を後にしました。2012/7/6撮影。3枚
竹林の中で'キヌガサタケ'が、レースのスカートを伸ばしていました。8:32
それから12分程した'キヌガサタケ'のスカートは大分伸びて来ています。8:44
管理棟の前には百合が咲いていました。此処で雨が降って来ましたので退散する事になりました

index.html                《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです