赤穂東御崎公園に今年も行って参りました。新しいカメラになって撮影していますが本日は良いお天気になる予報でしたので赤穂東御崎公園にやって参りました。自宅から1時間10分で赤穂東御崎公園に到着。カメラの性能だけでなく桜の咲き具合や気象状態によって写り具合が毎年違います。赤穂東御崎公園はビニールシートを敷いて陣取りをして飲み食いする様な感じではなく露店も少なく赤穂東御崎公園の周辺では観光旅館や国民宿舎があり石碑や銅像を除いて写真撮影は落ち着いて出来ます。メインとなる山上にある駐車場の所の赤穂東御崎展望台からの桜と海岸の眺めは素晴らしく写真撮影は暫く止めてベンチに座って桜と海の光景を眺めていました。赤穂東御崎公園の撮影後駐車場の北側にある'桃井ミュージアム'(雲火焼展示室)にも寄って来ました。2016/4/6撮影
index.html                         全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。95枚
此処からは2016/4/6に撮影した画像(写真)です。27枚
赤穂東御崎公園の展望台。山上駐車場の東側がベンチもあるこの景色です
それでは最初から写した順に入れて行きます。32号から右折して赤穂御崎方面に入った所の御崎レストハウスから撮影。バックの建物はかんぽの宿赤穂
建物は赤穂市立野外活動センター
更に左側を覗いて見ました
南の海側を撮影
大塚海岸に車で下りて行く途中で撮影。此処は地図では東福浦海岸とか東御崎海岸とかの案内がありますが以前に地元に住んでいた方が此のホームページを見て大塚海岸ですよ、と教えてくれました
大塚海岸の「ライオン岩」
更に山を上って行くと綺麗に咲いている桜がありましたので此処でマクロ撮影をしました
山上の駐車場建物はトイレです
お馴染みのメインとなる光景です
少しだけアップ
大石内蔵助の像
赤穂東御崎公園のモニュメント
南側の展望休憩所から撮影
此処も前回写したのと同じですが南側の展望休憩所を下りて来て振り返って撮影
案内印
駐車場の北側の此処から上って行くと'桃井ミュージアム'(雲火焼展示室)の案内がありますが前方にポールが置いてあり自動車は駄目なのかな?と初めは思いました。現実に車で入ろうとしていた方が中止して駐車場の方へ止めました。徒歩で150歩とありましたので歩いて登りましたが坂道ですし車で通っても良い様です。
中に入って庭に出ますと雲火焼展示場になっていましたので撮影して行きます
足湯は料金がいる様です
此処でコーヒーを飲んで一服している様です
坂道を下りる時に海側を撮影
此処からは2015/4/9に撮影した赤穂東御崎公園の画像(写真)です。21枚
先ずは御崎レストハウスから撮影
少し右側を写すと建物は赤穂市立野外活動センター
更にアップ
かんぽの宿赤穂。此方は順光で久し振りに青空が見られました
大塚海岸に車で下りて来ました。此処は地図では東福浦海岸とか東御崎海岸とかの案内がありますが以前に地元に住んでいた方が此のホームページを見て大塚海岸ですよ、と教えてくれました。有難う御座いました
此処で地元の方が此の岩が「ライオン岩」と言います、と教えてくれましたので入れて置きます
赤穂東御崎公園の展望台。駐車場の東側がベンチもあるこの景色です
9:40頃ですが太陽の向きの関係でもう少し遅い時間の方が良さそうです
そこで、10:30頃撮影した画像(写真)を入れて置きます
少しだけズーム
赤穂東御崎公園のモニュメント
大石内蔵助の像
大石内蔵助説明の石碑
南南西方面を望む
南側の展望休憩所から撮影
南側の展望休憩所を下りて行きます
各、方面の案内板
階段を下りて来た散策道の隙間から東方面を撮影
マクロを入れて置きます
駐車場の周囲に桜が植わっています
此処からは2013/4/5に撮影した赤穂東御崎公園の画像(写真)です。23枚
赤穂海浜大橋を渡って32号を東に進んで行くと道路脇の桜も満開です
32号から右折して赤穂御崎方面に入った所の御崎レストハウスから撮影。バックの建物は赤穂市立野外活動センター。朝、早い時間に撮影した時よりも帰り(10:54)の時間に撮影した上記の画像(写真)の方が桜の咲き具合が良かったです。
赤穂市立野外活動センターの所を下りてくると、大塚海岸。此処は釣りをしている方が多いです。上を見上げると赤穂東御崎展望台の桜が見えます
赤穂東御崎公園の駐車場
赤穂東御崎公園の展望台から見る気色は絶景ですが海岸の見通しの良い日と桜の満開の時期が重なる事は滅多にありません。時間を経て10時を回ってから再度撮影
少し角度を変えて撮影
此方は南側の展望休憩所から撮影
赤穂東御崎公園より南西方面の旅館街を望む
青空と桜
大石内蔵助の銅像
後ろから写した銅像と桜
赤穂東御崎公園には石碑があります
石碑と桜
去年に比べて桜の咲き具合がもう少し時間が欲しい感じでしたので、先に旅館街がある赤穂御崎に寄って見ました
伊和都比売神社(いわつひめじんじゃ)の鳥居
伊和都比売神社の拝殿
赤穂御崎の海岸を少し東に進んだ所にあります
赤穂東御崎公園に戻って此の階段を下りていって撮影を続けました
左上の建物はかんぽの宿赤穂
最初に下りて行った大塚海岸が見えます
桜のアップも入れて置きます
マクロで一枚
南側の展望休憩所を下側からカシャ
此処からは2012/4/12に撮影した画像(写真24枚)です。人込みを避ける為に朝早く自宅を出発、7:00までに赤穂東御崎公園に到着。赤穂東御崎公園を撮影している時に野鳥を見かけたので後で撮影しょうと思ったがいざ、レンズを用意をすると何処かへ行っちゃいました。
赤穂御崎に行く途中の山陽自動車道の龍野西SAの桜も満開です
赤穂海浜大橋を渡って32号を東に進んで行くと道路脇にも桜が植えられています
32号から右折して赤穂御崎方面に入った所御崎レストハウスから撮影。バックの建物は赤穂市立野外活動センターだと思います
左側の建物はかんぽの宿赤穂
大塚海岸。かんぽの宿赤穂を通り過ぎた所を大きく左へ曲がって下りて行くと赤穂市立野外活動センターの前には広い駐車場があり、更に下りて行くと大塚海岸に到着。此処でも駐車場、トイレがあります
のんびり釣りをしている方もおり上を見上げると赤穂東御崎展望台の桜は満開です
元に戻って赤穂御崎方面に進んで行く途中に撮影。右側は先程の大塚海岸
山上の赤穂東御崎公園手前で撮影
赤穂東御崎公園の駐車場
赤穂東御崎公園には大石内蔵助の像があります
赤穂東御崎展望台から見る桜の眺めは見事です
同じ様な場面ですが此れも入れて置きます
ほんの少し位置を変えてカシャ
画角を変えてカシャ
此方は南側の展望台から撮影
赤穂東御崎公園より南西方面を望む
赤穂東御崎公園には階段が設けられて桜並木を散策出来る様に遊歩道になっています
私も周りを歩いて見ました
隙間から僅かに海が見えます
正に桜一色です
桜を少しアップしたのも入れて置きます
桜のマクロは白ですので綺麗に写りません
帰りは250号線を北上して龍野に抜ける高取峠で撮影。浅野内匠頭の殿中刃傷を知らせる早かごが江戸から4日半掛けてここ高取峠を通ったと言う事です

index.html     《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです