淡路島公園撮影後、野島断層保存館の北淡震災記念公園にやって参りました。野島断層保存館は以前にも来ましたがホームページに入れていませんので改めて今日(2011/6/14)野島断層保存館の北淡震災記念公園にやって参りました。此の度、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震 2011/3/11)が起きて改めて地震の規模の大きさに驚かされます。阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震 1995/1/17)では私の町でも可也の揺れを感じ、逃げる状況ではなかったです。此の為に改めて野島断層保存館の北淡震災記念公園に寄って撮影したのをホームページに入れる事に致しました。
2011/6/14撮影。
淡路島公園はここをクリック     淡路城はここをクリック     洲本城「三熊城」はここをクリック
index.html            全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい(計10枚)
暗い入口から入ってきますとライトが照らしてあり少し明るくなっています。野島断層の盛り上がった断層をそのまま展示してあります
あぜ道の横ずれ断層
阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)で動いた主断層
外に出て来ますと神戸市長田区若松市場の延焼防火壁の残った壁を此処に移設して「神戸の壁」と命名しております
メモリアルハウス
此処に住んでいた方の住宅を断層説明されている説明板
地震が起きた時の台所の様子を再現して居ります。震災後も4年間此処で住んでいたそうです
断層で壁が割れているのをそのまま保存してあります
神戸市灘区の国道43号線上の阪神高速(3号)が崩壊してトラックが落下した様子を再現してあります
北淡震災記念公園から出て来ますとピラミッドの様な形をしたモニュメントがあります。此の後、隣の食堂で食事をしょうと思ったら団体予約で駄目です・・・とあっけなく断られ不満ながらも仕方なく次の訪問先の淡路城へと向かいました

index.html     《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです