'淡路ハイウェイオアシス'にある兵庫県立淡路島公園の'アジサイ'撮影に今年(2015)も行って参りました。自宅から僅か40分程で淡路SAに到着。そこから連絡道を通って'淡路ハイウェイオアシス'の所にある淡路島公園にやって参りました。'アジサイの花'
の咲き具合が充分把握出来ないまゝ'淡路ハイウェイオアシス'の淡路島公園「アジサイの谷」にやって参りましたが今日は'アジサイの谷'では梅雨の合間で良いお天気になり影になる所とお日様が当たる所が同居しましたのでこうゆう時は'アジサイの花'は綺麗に写りません。しかし何だかんだと言いながら今回も38枚の画像(写真)を入れて置きます。淡路島公園では期間中'アジサイまつり'でクイズラリーもあります。淡路島公園の「アジサイの谷」に行くまでは「花の谷」があり色々な花も植わっています。帰りは下りにある大観覧車に十数年振りに乗りまして上から撮影して参りました。2015/6/24撮影。
野島断層はここをクリック      淡路城はここをクリック     洲本城「三熊城」はここをクリック
index.html                  全画面にして下側へ、スクロールして御覧下さい。128枚(38+31+34+25枚)
此処からは2015/6/24に撮影した画像(写真)です。38枚
レストラン、土産物店があるオアシス館
オアシス館の左側にはBBQ(バーベキュー)ハウスモスタージと言うレストランが出来ていましたのでカシャ、少し高そうです
その横で水やりをしていた職員の方に花の名前等を筆談で教えて頂き助かりました。有難う御座いました。左の花はアカンサス
お馴染みの記念撮影用に夢ハッチ
フタバガキの板根(淡路花博の展示品で東南アジアの熱帯雨林から運ばれて来た実物)
ラベンダーセージ
アガパンサス
ランタナ。淡路島公園の「花の谷」でお馴染みですが前回来た時よりも花数が少なかった様に思います
「花の谷」を通り、此処は右側にトイレがあり左側に休憩所がありますが'アジサイの谷'に行く、シャッターが開くのは9時からです
'アジサイの谷'の入口です
この様な階段を歩いて下りて行きます
両脇に'アジサイの花'が顔を出しています
更に階段を下りて行きます
何度も行って申し訳ないが影とお日様の同居で綺麗に写りません
それを押して撮影を続けます
ミセスクミコ
林間広場の所にはトイレがあります
向きを変えてカシャ。 'アジサイの谷'は此処までですが何時もの通り此のまゝ進んで塩屋橋を渡って帰って来ました
塩屋橋を渡った所の右側に階段があり登って行った所に咲いていましたのでカシャ。名前分かりません
ふれあい橋を通って元の'アジサイの谷'の入口へ帰って参ります
「花の谷」の所でカシャ
ナナカマド でしょうか
淡路SAの下りへ戻って参りまして此の大観覧車に何十年振りに童心に帰って乗って見ましょう
明石海峡大橋方面。 右の道路は道の駅あわじ(松帆アンカレイジパーク)へ繋がります
駐車場。 右側から明石海峡大橋を渡って淡路SAの下り駐車場に入って来ます。左上の橋を渡って右へ進むと'淡路ハイウェイオアシス'
窓越しの撮影は反射が写りますし今日は見通しも良くありません
淡路インター前の交差点。右側は出口と入口ですが此処からはSAには入れません。右側の出口から右(上)へ曲がると道の駅あわじ。真っ直ぐ(左)進むと157号。左(下)へ曲がると28号の明石海峡公園方面へ
岩屋港方面になるのでしょうか
明石海峡大橋を展望出来る所ですがアベックが食べているエサを狙ってトンビが急降下しますが、上から見るとこんな感じです。トンビは食べ物の判断が出来る目を持っているんですね
下側に降りて来ますと子供さんが喜びそうな遊具があります
此処からは2013/6/24に撮影した画像(写真)です。31枚
お馴染みの記念撮影用に夢ハッチがお出迎え
その右側にアガパンサスの花が咲いていましたのでカシャ
早速恒例で「花の谷」の道を進みましたが今年は綺麗な花がさいているのが見つかりません
おやおや変な顔に写っていますが・・・
ランタナ。淡路島公園の「花の谷」に来ると何時もお目にかかれます
ランタナを少しアップ
フェアリーアイ
渥美絞り
'アジサイの谷'の入口です
此処から入って行きます
階段を下りて来て振り返って見上げた場面。団体さん等、皆さんは途中から戻って又、此の階段を上って帰りますが私はそのまゝ進み塩屋橋⇒ふれあい橋を渡って'アジサイの谷'の入口まで戻ります
'アジサイの谷'を進みながら'アジサイの花'のアップ写真を撮影して行きます
途中休憩所がある所で撮影
城ヶ崎
ヤマアジサイ
両脇に'アジサイの花'
始めは曇り空でしたが晴れて来るとお日様の当たる所と影になる所を上手く調和を図らなければならないので撮影に神経を使います
林間広場の所にトイレがありますが、'アジサイの谷'は此処までですが先程申した通り此のまゝ進んで塩屋橋を渡って帰って来るのが楽な様です。団体さんは此処へ来るまでに折り返して帰って行く様です
淡路島公園の管理事務所がある所を右折して塩屋橋を渡ります
昭和池に'カワウ'がいましたのでカシャ
塩屋橋を渡った所の右側に階段があり登って行った所の見晴し展望台で蝶々がいましたのでカシャ
仲良くランデブー
此処からは2012/6/17に撮影した画像(写真)です。34枚。淡路島公園の'アジサイの谷'を撮影後'第65回淡路島まつり'の花火大会(2012/8/5)の撮影場所の下見も兼ねて洲本城に行って来ました。
淡路SAから明石海峡大橋を眺めるとサンフラワーが見えましたので急いでカメラを取り出してカシャ。然し朝早かったので霧が掛かりケーブルも良く見えません。手前の船は漁船でしょうか?
もう一枚サンフラワーを追加
'淡路ハイウェイオアシス'です。左右に広い駐車場があります
レストラン、土産物店等があるオアシス館
記念撮影用に夢ハッチがお出迎え
早速「花の谷」で撮影開始
カンナ
ベニガク
渥美絞り
フェアリーアイ
ランタナ
此れもランタナでしょうか
分かりません
ナナカマド
ユリでしょうか
キンシバイ
'アジサイの谷'の入口です
'アジサイの谷'を降りて行くと階段が可也ありますので戻る時は階段を上がって来るのが大変ですので少し遠廻りになりますがそのまま進んで広い道を通って帰って来るのが楽な様な感じです
この様な階段を降りて行きます
ミセスクミコ
毛虫です
此の毛虫はどんな蝶になるのでしょうか
ヤマアジサイ
アイコ
スミダノハナビ
アマチャ
ベニガク
同じくベニガクでしょうか
林間広場の所にトイレがありますが、イベントがある時は此の建物を利用している見たいですね。'アジサイの谷'は此処までですが先程申した通り此のまま進んで塩屋橋を渡って帰って来るのが楽な様です。
塩屋橋
ビヨウヤナギ
此処までが淡路島公園で撮影した分です
その後、洲本城に行って帰りに淡路SAの上りで食事
朝と違って帰りは見通しも良くなり舞子側も良く見えましたが疲れましたので、道の駅あわじ(松帆アンカレイジパーク)に寄らずに帰って参りました。
此処からは2011/6/14に撮影した画像(写真)です。25枚。淡路島には明石海峡公園を始め何度か訪れていますが今日は淡路島公園、野島断層、淡路城へと行って参りました。淡路島公園は主に'あじさいの谷'に撮影する為に来ましたが、淡路島公園内を重たいレンズを背負って一周して来ましたので疲れました。
淡路SAから第2料金所(検札)を通って淡路ハイウェイオアシスの広い駐車場に入って参りました。此処から見える南の方のレストラン(ポンテメール)の所から階段を登って行く欲張りコースで淡路島公園内を一周して来ました
此方はオアシス館前の広場より北側を見た景色。7:47でまだ早いので車は殆ど止まっていません
ランタナ。'淡路ハイウェイオアシス'の駐車場南のレストラン(ポンテメール)の近くの階段から淡路島公園に入園致しましたが何もあらず、結局「花の谷」の所に花が咲いてあるのを見つけて撮影開始。今(6/15)の時期は此の「花の谷」と「アジサイの谷」だけですね。
ビヨウヤナギ。「花の谷」にて
「花の谷」では色々な種類の'アジサイ'が咲いていました
'ガクアジサイ'をマクロでカシャ
最近はクマバチ?を良く見かけます
あじさい博士に聞かないと全てのアジサイの名前を表示出来ません
此れもマクロで撮影
渥美絞り
マクロでアップ
「花の谷」の撮影後少し西へ進むと「あじさいの谷」の入口があります
御覧の様な階段を下りて行きます
途中橋を渡った後は上記の様な'アジサイ'道を散策
此の'アジサイ(紫陽花)'の色は綺麗ですねぇ
小さい実は何だと思ったら桜の実らしいですね。食べたら苦いんだそうです
更に'アジサイ(紫陽花)'を撮影しながら進みます
カシワバアジサイ
名前→知りません
「あじさいの谷」のコースは御覧の案内板の様になっており上側の入口から下りて来て進みます。途中で戻るのも下りて来た階段を登るのも大変ですので、そのまま進んで右へと曲がって進み、元の「あじさいの谷」の入口の所へ戻るのが良いのでは・・・と思います。
私は耳が全く聞こえなくなりましたので途中会った園内の係り方に色々花の名前等を筆談で教えて貰いました。有難う御座いました。上記は塩屋橋
塩屋橋を渡った所の右側に見晴し展望台に階段を登って行った所でカシャ
キンシバイ。元の「あじさいの谷」の入口の所へ戻って来て撮影。
オアシス館の北側に戻って来ました。記念撮影用の夢ハッチに子供さんが駆け寄っています
'淡路ハイウェイオアシス'の淡路島公園での撮影後、野島断層に向かう途中に観音様を見つけて車を止めて撮影

index.html     《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです