高御位山の目次に戻る  次へ  25 初日の出

25番 '高御位山'、山頂からの初日の出と夜景。一昨年の9月に突発性難聴になって両耳全く聞こえなくなり、筆談でないと通じなくなりましたが、恒例で今年も頑張って'高御位山'の山頂からの初日の出を拝む為に登って来ました。4時に起床して今年は甘酒を飲んで体力を付けてから'高御位山'に登る事にしました。5時過ぎに消防団の方が誘導する先頭から2番目に到着。それより先には既に大阪、神戸、岡山の車のナンバープレートもありました。それだけ、高御位山も知られる様になった・・と言う事でしょうか! このページには'高御位山'、山頂から2011年元旦に撮影した9枚と2010年元旦に撮影した10枚と2009年元旦に撮影した3枚、2008年1月2日に撮影した3枚、2007年1月1日の初日の出3枚、長尾から見た'高御位山'1枚の画像(写真)を表示しています。
※追加→毎年、初日の出は高御位山に登って居りますが今年(2012)は人差し指に黴菌が入り包帯が取れないので高御位山の初日の出は断念致しました。代りに宝殿山(生石神社)の初日の出に行って参りました宝殿山(生石神社)からの初日の出はここをクリック
高御位山の目次に戻る 下側へスクロールして見て下さい(2011年=9枚+22枚)
'高御位山'では、まだ暗いですが感度を上げて1/10秒の手持ち撮影。6時24分
今年はそれ程ズームして撮影していませんが明石海峡大橋のライトアップが微かに見えます。6時25分
今年も大勢の方が'高御位山'山頂の初日の出に登って来ましたが、山頂におれる方は限られますのでその周辺にいる方が遥に多いです。7時10分
空が大分明るくなって来ました。7時16分
'高御位山、山頂から見た初日の出。今年も雲が掛かりましたので雲より出て来たお日様の陽射しは強いので撮影チャンスは限られます。7時17分
初日の出に向かって一斉にシャッターを押します
初日の出を拝んだ後は高御位神社にお参りです。去年よりは少し人出は少なかったかな!と言う感じです。7時25分
成井登山口に降りる時は先頭が止まってしまって動かない時がありました。それは一部に氷が張ってある場所があり滑って転ぶ人があるからです。見ていた人は気を付けますが、後の人で知らない方は又、滑る、と言う事ですので低い山だからと言って油断大敵。7時47分
成井登山口の階段の直線コースを登って行くと上記の案内看板があります。そのまま真っ直ぐ林の中へと進むとササユリで有名な獣道コース。
ここから」は'高御位山'、山頂から2010年元旦に撮影した画像(写真)10枚。去年(2009年)の9月に突発性難聴になって両耳全く聞こえなくなり、手書きでないと通じなくなり、耳鳴りもするし、'高御位山'の初日の出をどうするか迷いましたが、朝起きて天気が良いのを見るとやはり頑張って登る事にしました。
2010年元旦の初日の出は良いお天気に恵まれましたが、お日様が顔を出す所は雲に覆われ日の出時間は少し遅れました。その上、(もや)もかかり写真撮影は最良とは言えませんでした。 7時19分撮影
'高御位山'、初日の出の一時間前に山頂に到着。早速、明石海峡大橋の見える夜景を撮影。重たいので三脚は持って来ていないので手振れ補正のズームレンズでISO感度3200、1/4sec、F2.8、で撮影。'高御位山'、山頂から明石海峡大橋まで直線コースで約30Kmあります。明石海峡大橋に向って延びるオレンジ色の道路は加古川バイパス・第二神明道路。 6時12分撮影
南微東方面の夜景。加古川を挟んだ左奥は神戸製鋼加古川製鉄所、右岸右奥は高砂工業地帯。 6時15分撮影
南南西方面の夜景。中央の縦に延びる部分は鹿島川に沿って走る道路。左右に延びる線(オレンジ色)は加古川バイパス。 6時17分撮影
'高御位山'、山頂で今年(2010年)の初日の出を待つ人。 6時58分撮影
'高御位山'、山頂より少し右側(東微南)を見た所。やはり靄が、かかって見通しは良くないです。 7時03分撮影
山頂の西側での初日の出が終わり、帰ろうとしている所。東側の階段のある成井登山口側にも大勢の登山客が御来光を拝んでいます。又、長尾登山口や鹿嶋神社からの団体登山者もおり毎年初日の出は大勢の人が'高御位山'に登ります。 7時23分撮影
御来光が終わり、高御位神社にお参りしたり、おみくじを引いています。 7時27分撮影
高御位神社、東側の飛翔(ひしょう)の碑が建ってある方面を初日の出のお日様を木の幹に隠して逆光で撮影。 7時31分撮影
成井登山口の駐車場までは元日は行く事は出来ませんので消防団の指示に従って農道の左側に寄せて車を止めて、歩きます。私は今年は一番前の農道に5時過ぎに到着。その現場から帰り道に'高御位山'を見上げて撮影。'高御位山'に登る階段には電柱が建ってあり元日はライトなしで山頂まで登れます。勿論その他の登山口から登る場合はライトが必要なのは言うまでもありません。 8時26分撮影
ここからからは'高御位山'、山頂から2009年元旦に撮影した3枚と2008年1月2日に撮影した3枚と2007年1月1日の初日の出3枚と長尾から見た'高御位山'1枚の画像(写真)を表示しています。計10枚
2009年元旦の初日の出は駄目でした。'高御位山'に登っている途中、明石海峡大橋が僅かに見える時もありましたが、山頂では写真撮影のコンディションは好くなくお日様は雲に隠れてしまい、遅れて7:24頃、雲から顔を出してくれましたが光線が強く、初日の出を撮影する事は出来ませんでした。上記の写真(画像)は再びお日様が雲に入った時に高御位神社、南東側より7:41撮影
2009年の'高御位山'初日の出の登山客は例年になく大勢の人で賑わいました。写真では撮れていませんが上記写真の東側の成井登山口側の階段を登って来た岩場では大勢の登山客がいます。7時08分撮影
高御位神社にお参りの為に大勢の人が列を作って階段まで並んでいます。私は並ぶのは嫌いですが最後尾に並んでお参りして御札とお守りを買いました。帰りは下山した所で消防団の方が作っているそば焼きと豚汁をよばれて帰宅しました。7時31分撮影
'高御位山'、山頂から2008年1月2日 7時15分撮影。中央は平荘湖。雲が架かり日の出時間が少し遅れました
去年は年末に仕事で疲れていた上、寒かったので恒例の元日の初日の出は拝めませんでしたが、頑張って2日に登って来ました。しかし人出は少なく消防団の方の駐車の案内もなく、食べ物も売っておらず'高御位山'専用駐車場まで車で乗り入れる事が出来ました。又、元日に比べると照明も少なく、ライトが欲しい所もありました。山頂での御札を買う事も出来ませんでした。元日とこれだけの人出の違いには驚きました。それでも帰る頃には団体さん等の方が登っていました。'高御位山'、山頂で日の出を待つ人。2008年1月2日 6時58分撮影
自宅では元日の天気は良かったですが、'高御位山'に登っていないので撮影条件が良かったかどうかは、分かりません。2日は去年の元日に比べると天候は良くなかったですが何とか撮影出来ました。加古川の左岸の奥は神戸製鋼加古川製鉄所、右端は高砂工業地帯。お正月も煙を上げています。撮影した時間帯はまだ薄暗かったですが夜景撮影の為、手振れ補正レンズを使って、カメラの感度をあげて撮影した為に実際よりも少し明るく撮れています。2008年1月2日 6時41分撮影
'高御位山'、山頂からの初日の出。2007年元旦  7時10分撮影。左下は平荘湖。今年は例年になく好天に恵まれ綺麗な初日の出でした
今年は好天に恵まれ大勢の人が'高御位山'に御来光を拝みに登っていました。山頂で初日の出を待つ人々。2007年元旦  7時08分撮影
'高御位山'、山頂からの夜景。元旦に明石海峡大橋のライトアップが見えると言うのは滅多に無いのではないでしょうか、しかし残念な事に三脚を持ってきてなかったので少し手振れの上、ピントも合っていません。残念です。2007年元旦  6時29分撮影
方位='高御位山'からは南南西、阿弥陀町長尾登山口の近くにある長尾駐車場より見た'高御位山'。この日は見通しの良い天気だったので近くに来たついでに撮影しました  2007/5/28
此の画像(写真)は2013/11/1に撮影しました。上側の2007年の写真と比べると分かると思いますが2011年1月24日に発生した山火事は29日になってやっと鎮火しましたが森林が復活するには時間が掛かりそうです
ヒマワリを入れて背景の高御位山を撮影。2013/11/1に撮影

高御位山の目次に戻る  次へ    《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです