高砂市と加古川市の境にある'高御位山'は別名、播磨富士(播磨アルプス)とも言われ此の地方では名が通っており、以前も姫路市の自然観察の森で出合った方も、'高御位山'に良く登る・・・と聞きました。登山口(コース)は階段のある加古川市側の成井登山口の他、高砂市側の鹿嶋登山口・長尾登山口・北山登山口等のコースがあり、もっと離れた所から登山の足馴らしとして登っている方や'高御位山'全山縦走登山をしている人もいます。又、団体さんで清掃登山をなさっている方もおり、'高御位山'は有名です。
その'高御位山'(たかみくらやま)に2006年9月19日(火)に登ってきました。良い写真を撮るには好天に恵まれなけばなりませんがこの日は高砂の相生橋から淡路島が見えましたので急遽登る事にしました。この日は'高御位山'、山頂から肉眼で明石海峡大橋と淡路島が見えました。重たいレンズを背負って行ったので疲れました。写真は'高御位山'、山頂から360度の景色(展望)を時計回り(右回り)に順に表示しています。出来るだけ説明する様に努めましたが'高御位山'、山頂から撮った写真(展望)を見て、ここは何処かな・・・?実在の名前を見つけだすのに苦労しました。間違っている所がありましたら教えて下さい。修正します。下の画像をクリックすれば大きい画像(写真)が表示します。又、最初に1番の大きい写真を表示後、次へをクリックして行けば順送りに大きい写真のまま26番(85枚)まで表示します。
下記の画像の中で 印の所に現場から撮影した'高御位山'の追加分があります。(それぞれの画像に撮影した日付を表示してあります)
鹿嶋登山口、馬の背登山口、市ノ池登山口、長尾駐車場、北山登山口、北池登山口、成井登山口、の各コースの手製地図はココをクリック2008/2/6
          全画面にして御覧下さい。 index.html  次へ

1番  高御位山 山頂304m 2番 方位=東微南  
3番 方位=東南東  平荘湖 4番 方位=南東微東
平荘湖と明石海峡大橋の間
5番 方位=南東  明石海峡大橋 6番 方位=南東  明石海峡大橋(ズーム)
7番 方位=南東微南  江井ヶ島方面 8番 方位=南東微南  二見人工島(東新島)
9番 方位=南南東  播磨町人工島(新島) 10番 方位=南微東  加古川・高砂工業地帯
11番 方位=南微西  高砂工業地帯 12番 方位=南南西  高砂工業地帯
13番 方位=南西微南  上島 14番 方位=南西  的形海水浴場
15番 方位=西微南  姫路工業地帯 16番 方位=西微南  JR姫路別所駅
17番 方位=西微北
山の谷間からズームしたのが次頁より
18番 方位=西  姫路駅南側
19番 方位=西微北
姫路市街の中心部。上記の画像の他1点
20番 西北西
姫路城。上記の画像の他1点
21番 方位=北西~北東
上記の画像の他8点
22番 方位=東
権現ダム。上記の画像の他2点
23番 方位=東微南  加古川運動公園 24番  山頂の建造物。上記の画像の他2点
25番 高御位山、山頂からの初日の出・夜景
上記の画像の他30点
26番 ササユリ
上記の画像の他15点

index.html   次へ
高御位山(この頁)について御意見、御指導がございましたらメールを下さい  高御位山についての連絡先
《無断掲載を禁じます》 但しリンクはフリーです。このページに直接リンクして頂いて結構です。