突発性難聴になっても頑張ろう

「障害者」の漢字を「障がい者」にひらかな表示する様に提言がありましたので'聴覚障がい者'と言う表記を使って参りましたが国が、だらだらして表現のまとまりがなく障害者団体や障害者手帳も障害者と言う漢字表示を使っています。やはり障害者団体が屁理屈抜きで自ら「障がい者」と言うひらかな表示を先導しない限り定着しないと思います。又、パソコンのインターネット表記でも漢字表示が一般的です。従って国レベルで表記がはっきり決まるまで'聴覚障害者'の表示に戻す事にしました。2016/9/17追記

 '突発性難聴'の経過(症状) (以下内部リンク)
「こえとら5.0」バージョン1.0.1のAndroid版アプリの体験(評価)⇒全く役に立たない
技術のある所へ(聴覚障害者の為に)お金を出してほしい
'聴覚障害者'の自動車運転免許更新の経験
2012年(平成24年4月1日)より普通貨物車も運転出来る様になり、その他の二輪免許も取得出来る様になりました
免許証の条件欄に補聴器使用と書いてある方は2016年4月から普通、大型の二種免許が取得出来る様になります
障害者のための国際シンボルマーク 身体障害者マーク 聴覚障害者マーク 紛らわしい'障害者標識(マーク)'と駐車禁止除外指定車標章
聴覚障害者マークマークと「特定後写鏡」を付けなくてはならない'聴覚障害者'の人は'障害者専用駐車場(スペース)'に車を止めるのが必要(兵庫ゆずりあい駐車場へリンク)
'障害者手帳'と'聴覚障害者'の等級
New'聴覚障害者'の運転免許統計 平成29年版
聴覚障害者マーク+高齢者講習の経験  '聴覚障害者'をないがしろにした講習でした
聴覚障害者マーク+要約筆記の嬉しい対応
全国自動車教習所にお願い
ゆずりあい(おもいやり)障害者専用駐車場について
私の独り言'全ろう'の方が運転免を取りたいと思っている方にアドバイス
聴覚障害者マーク身体障害者マークの対象者は義務付にすべき  
自分専用の'聴覚障害者'カードを作ろう
無人精算機には「聴覚障害者専用ボタン」が必要
'中途失聴者(全ろう)'になってからの辛い経験を箇条書きに、最近の経験追加 
耳が100%聞えない人への連絡法
※まとめ 「此れまでの経験からのお願い要望を短くまとめました」  
ヤマハが開発した「おもてなしガイド」。交通機関や施設で案内アナウンスの声がスマホに表示して知らせてくれる実証実験
パソコンを利用した音声入力で文字表示してくれる「自動音声認識&インスタント翻訳ソフトウェア」
危険 信号待ちでスマホでゲームは辞めようよ!!
Google音声検索、音声入力アプリがトラブル、原因は「こえとら」でした。その後「おもてなしガイド」でも発生
耳が全く聞こえない(聾)人には障害者手帳は1級にすべき
   index.html  この頁の一番下へ   更新日2018/7/2

この度の経過(症状)を述べますと、私は'突発性難聴'(診断書では感音難聴)で両耳まったく聞こえなくなりそのショックは大きく、その上、微熱が続いて生きる望みを失う程でした。しかし、微熱が下がってくると耳が駄目でも頑張らなくては・・・と思うようになり、自分の'症状'をここに載せるのは気が引けましたが'突発性難聴'で苦しんでいる方の為にも私はこんな経過(症状)をたどって発病しました。と言うのを書く事にしました。
私は仕事に追われて忙しかったある日(2009年9月5日・土)、自動車のエンジン音やテレビの音質がおかしい・・と気付いたが補聴器が悪くなったせいだろう・・と思っていた所、あくる日(6日)左耳が悪いと気付いたが、その後四日間で全く左耳が聞こえなくなってしまいました。右耳は10年?程前にやはり'突発性難聴'で(105dB)喪失しており、この時は左耳があるじゃないか・・と安易に考えていましたが両耳駄目になってしまうと片耳の重要さを感じさせられました。元々子供の頃から難聴気味だったのですがこの度の左耳の'突発性難聴'(105dB)の喪失は大きく、店は閉じなくてはならず僅かな年金暮しとなり、これからは趣味のカメラやレンズを買ったりして贅沢出来なくなってしまいました。
それにしても、分からない'症状'が'突発性難聴'と同時に(9月8日)現れた'症状'です→喉の奥(鎖骨辺り)と口と目が渇き、微熱も37度前後続き食欲不振でお茶で流し込んで食べていた→ 一週間程してから食欲が出てきた→12日目に微熱が下がるが→その晩に喉の奥の'症状'が上側(甲状腺辺り)に移り痰(濃くない)が出て寝苦しく又発熱→やっと風邪の'症状'に似る為に風邪薬を一回飲む→嗽をよくする→16日目に微熱が下がり始め、夜眠られる→17日目は熱も下がり、耳鳴り等耳の'症状'を除いてほぼ元の体調に戻る(2009年9月26日・土)→これからは趣味の写真撮影でもするかな・・・終わり。

◆'突発性難聴'と発熱の'症状'は別個のものだろうか?それにしては、あまりにも偶然と言える。やはり同じと見るべきと、思います。では、この風邪の様な'症状'は軽いとは言え、今までの風邪の'症状'と全く違った経路で発生したので新型インフルエンザ?(この時期、新型インフルエンザが流行しており耳鼻科の窓口にも張り紙がありました)。遺伝子検査もしていないのでこんな事を書くと専門家の先生に怒られそう!でも二週間も前から'症状'が出ていた・・・と言うのではなく、正に'突発性'でした。しかし、今になってとやかく言っても耳は回復しない。 '突発性難聴'になっても頑張ろう〜 →終わり。2009年9月下旬

◆'突発性難聴'(診断書では感音難聴)で両耳全く聞こえなくなると手話を覚える事も一つの手段ですが、一般の人は殆んど手話は出来ませんので利用出来る範囲は限られます。そこで'突発性難聴'になって両耳聞こえなくなってから僅か二ヶ月半の経験ですが、一般の人ととの疎通性について述べますと若い人で仕事経験の豊富な方の方がスムーズ行くようです。例えば文字形態を気にせずスラスラ書いて、私が言った事が正しければ指でOKサインを出してくれる等積極性があります。それに対して年配になってくると、文字を書くにしても漢字を気にして間違わないようにと思い慎重さが増しスムーズに行きません。又、「私は'突発性難聴'になって両耳全く聞こえません。筆談(手書き)でないと通じません。お手数ですが宜しくお願い致します」とお願いしても私の耳元で大きな声で喋ろうとする等、絶えず口をパクパク動かして喋り捲ります。この様な人は時間や日にちが経っても駄目です。何れに致しましても相手の言っている事をよく聞いて頭で整理出来る方が良い様です。以上、短い期間での体験を述べましたが私自身も此れから一般の人との疎通性を図る為に勉強したいと思います。2009年11月25日。尚、後日'聴覚障害者(筆談)カード'を作りました。下の方で説明してありますので御覧下さい。

'突発性難聴'になって両耳が全く聞こえなくなると相手の方と話す事が出来なくなるので疎通性が無くなってしまいます。そこで、喋った声が文字に変換してくれる器具が出来る事を期待したいですね(スマートフォンの様な感じ)。開発費に予算入れてね、、、2009年10月。
※追加⇒
その後2014年10月9日に「こえとら5.0」と言うアプリが公開されダウンロードすればネットワークにつなげなくても音声認識が出来る様になりました(アップルのiPhone(アイフォーン)「iOS6.0」以上の製品)。更にGoogleの「Android(アンドロイド)版4.0」以上が2015年2月25日に使える様になったとリリース。
スマートフォンのアップルのiPhone製品で私のホームページ(パソコン版)のタイトルを検索して見ましたら正しく表示してくれません。Googleの「Android(アンドロイド)」版で検索すると正常に表示してくれました。「Android」版の発表と同時に提供元がNICTからフィートに変りましたので早速パソコンから質問しましたが返事が遅れましたので、待ち草臥れてauでAndroid版のSCL24(Sペン付)を買っちゃいました。パソコンは毎日インターネットを使っていますのでスマートフォンでは「こえとら」だけ利用出来れば良い、と考えていました。所がシニアプラン(55才以上)のスマホでは0.7GBの容量しかなく結局パケット定額サービス(7GB)6,156円のスマホを買ってスマイルハート割引等も含めて6,409円の見積もりで契約。(後日一回目の請求時は説明になかった契約変更手数料3,100+税が加わり一万円を越えましたが二回目は6,500円位になりそうです)。パケット定額サービスは7GBで、始めは3~5GB位までに納まりましたがアプリのダウンロードや更新数が増えてくるとパケット量が増えます。尚、機種本体はポイント割引(9.736円)も含めて現金で約82,000円を払いました(現金ではなく月割にする事も出来ます)。その他充電器代は別、と言う様に色々入ります。お店で「こえとら」のアプリをダウンロードして貰いますとあっと言う間に終了。えぇ、こんなに早いの・・と思いながら自宅に帰ってからの評価として声を発してテスト利用しますと全く使い物にならない変換の悪さに驚きました。ダウンロードが上手く行っていないのでは?と思いアンインストールしてダウンロードをやり直しましたが同じ事で音声から文字に変換する機能の悪さに驚きました。その上使っている途中に【サーバーに接続中です。画面をタップすると中止できますが音声認識と音声合成の機能が使えません】と表示が出て一時間も表示が消えず終了する事も出来ませんでした。原因が分からず通信料がいるのかと思い不安でした。 「Googleの音声検索」では割と正しく変換してくれましたがインターネット検索ですので代用出来ません。別に「Sボイス」と言うアプリが見つかりましたので利用して見ますと「こえとら」の変換より増しです。「こえとら」を利用した体験者(評価)の話として'聴覚障害者(中途失聴者)'として非常に助かるアプリの様にインターネットでは表示していますが本当に体験者(評価)の自家の声でしょうか?疑わしいです。インターネットで「こえとら」の体験情報を見て、素晴らしい便利なアプリの宣伝文句に釣られて、つい 私の期待も大きくなりスマホを買ってしまいましたが余りにも期待外れにガックリ。スマホを買って契約してしまったので解約も出来ず、重荷になりますが今後の機能に期待したいと思います(その後「こえとら」はアンインストールしました)。
此処で一言物申す⇒私は両耳全く聞こえなくなってから5年半が過ぎまして、今まで'聴覚障害者(中途失聴者)'について理解してもらえる様に頑張って参りましたが限界を感じる様になりました。それは人それぞれの人格、能力の問題があり仕事場では与えられた狭い範囲の仕事のみをしているだけであり新しい物事には直ぐ対応出来ない、と言う事です。例えばメール又はFAXでお願いします、と何度もお願いしていても電話が掛かって来ます。又途轍もない行動に出て嫌な思いをさせられます。更に直ぐ「かーっ」となって感情むき出しになる方や固定観念が強い方等色々な方がいらっしゃいます。所がスーパーのレジのおばちゃんでも筆談(手書き)でのおねがいカードを見せますとちゃんと最後まで読んで確認出来る方は対応してくれます。従ってこれ以上、'聴覚障害者(中途失聴者)'対してのお願い行動は止める事にしました。'聴覚障害者'と言うよりは相手側にも問題があるからです。そこで今回の「こえとら5.0」の性能に期待していたのですが期待外れで残念でした。2015/3/9追記
◆色々テストして見ますとAndroid版のGoogle音声検索を利用したアプリが良いです。「音声エディタ」「音声入力まっしゅ」「音声入力+」と言うのもあり、現在は使い易さから「音声入力Voice」を利用しています。スマホの下側のマイクに接近して要件を短くはっきり喋るのが良いでしょう。読み上げ速度の設定=アプリ⇒設定⇒言語と文字入力⇒音声読み上げオプション⇒音声の速度⇒標準より三つ下側のレベル6の少し早口で喋る所に設定(皆さんの持っているスマホに合わせて設定して下さい)。2015/6/13⇒2016/2/16追記
◆「UDトーク」のAndroid版アプリが利用可能、と言う事でダウンロードして一人で使う場合100円払う購入手続きをしまして利用して見ますと使い物にならない変換の悪さでした。購入前に近くで'聴覚障害者'用のアプリが体験出来る所があれば助かるのですが・・。

最近一部のテレビ番組で音声と同時生字幕放送がありますが、この技術を活用して有名アプリ開発会社、更にスマートフォン製造会社(取り外しの出来るマイク付Sペン)とタイアップすれば短い期間に'聴覚障害者'の役に立つスマホが出来ると思います。2020年の東京オリンピックに政府は「多言語音声翻訳システム」に多額の予算を組んでいましたが同じ様なソフトですので苦しんでいる'聴覚障害者'の為に予算を組み入れてほしいと思います。(但し技術のある所へお金を出してほしいと思います)是非お願します。2015/7/21追記
聴覚障害者マーク'聴覚障害者'の'運転免許更新'の経験   自動車'運転免許更新'のお知らせハガキが来ていましたが'突発性難聴'で両耳全く聞こえなくなったので新しく実地講習を受けなくてはなりませんので'運転免許更新'センターに行ってきました。まず適性相談室に行きましたが、せんど待ちました。やっと呼ばれましたが、色々聞かれて本日は更新出来ません。と言われ明日地元の警察署から'運転免許試験'センターの係りの人に予約を取って下さい・・と言う事であくる日、地元警察に行って予約が出来たのは15日後でした。予約当日の時間に間に合う様に行きますとA番の窓口で手続きが終わって隣の建物がある'運転免許試験'センターに連れて行ってくれました。ここで免許係りの私の担当者がボードとマーカーを持って全て筆談(手書き)で親切に返事をしてくれました。そして又、'運転免許更新'センターの適性相談室に戻って色々聞かれたり検査をして又、'運転免許試験'センターに来てパソコンからスクリーンによる'聴覚障害'による運転の注意の説明を受けました。その後実際に自動車を運転して実地説明を受けるのですが、驚いた事に私一人の為に5〜6人の教官が出て来ました。私を担当してくれた以外の教官はまだ不慣れの様な感じを受けました。何しろ去年(2008/6/1)から始まったこの制度も此の試験場では私で6人目だそうです。思わずそんなに少ないの・・と思いました【後に、警察庁のまとめでは'運転免許'改正後の1年間に新条件で'聴覚障害者'が免許を取ったのは全国で45人だそうです。更にその後のデータでは2010年末までに全国で409人(追記、2011年度の統計でも497人)の方が免許を取得したそうです(内、兵庫県の人は15人、2011年7月末現在)】。講習の内容は='聴覚障害者標識(マーク)'を車の前後に付けること⇒24cm以上のワイドミラー「特定後写鏡」(私の車の経験では40cmで右側が折りたたみ式になっているのが良い。サンバイザーを使う時に当たるから)を取り付ける⇒実際教官が先に見本を見せてくれます⇒前方に障害物がある時にワイドミラー「特定後写鏡」を見て進路変更する方法⇒狭い道路から広い道路にバックで出る場合に対向車の車が見えたら車がはみ出さない様にすぐブレーキ踏む⇒バックで障害物に乗り上げたらすぐブレーキを踏む⇒カーブで警笛鳴らせの標識がある場所ではクラクションを鳴らし対向車が中央線をはみ出して来る時は徐行して左に避ける(実際に対向車に別の教官が乗った車がはみ出して来ます)。以上の様な教習を受けて終了です。ここで不合格になる事はない様ですね。10時頃始まって昼になって、ここでお世話になったこの教官とはお別れです。有難う御座いました。昼からは'運転免許更新'センターの適性相談室に戻って別の担当者が私の世話をしてくれました。目の検査をして'運転免許証'を貰う手続きをします。ABの窓口で表彰歴が'免許証'に載らなくなっていますが優良運転の表彰が貰えるので交通安全協会に入る様に進められCの窓口で2500円払って入ってしまいました。窓口を廻る順をCを抜かす×印をつけてくれていたのですが私の気の弱さがあったかも分かりませんが'聴覚障害者'の人に今後あまり進めないでほしいと思います。何れに致しましても私を担当してくれました職員は有難く思いますが、'聴覚障害者標識(マーク)'を付けなければならない者にとってはあっち、こっちに行かされ、戸惑うばかりでした。今後'聴覚障害者標識(マーク)'を付けなければならない人が戸惑わない様にスムーズに事が運ぶ様にお願いしたいと思います。宜しくお願い致します。
その後も色々ありましたが無事、普通乗用車限定の'運転免許証'を貰って帰って来ました。今日から軽四トラックが運転出来ないかと思うと侘しい思いです。何故、軽四トラックを運転してはいけないのでしょうか?バックの窓より下に荷物を積めば乗用車と同じだと思います。むしろ、軽四トラックの方が運転し易いです。仕方なく軽四トラックを処分して店を閉じなくては成らず一巻の終わりです。2009年11月上旬
※追加⇒2012年(平成24年4月1日)から軽四トラックも運転出来る様になりました。もう少し早ければ頑張って仕事を続けていたかも分かりませんが今更トラックを買ってまで仕事は出来ません。普通免許で運転出来る貨物車にも'聴覚障害者標識(マーク)'を車の前後に付ける事、貨物車は後ろが見えないのでワイドミラー「特定後写鏡」の代わりにサイドミラーに補助ミラーを取り付けなければなりません。同時に小型特殊自動車、原動機付自転車も普通免許で運転出来る様になりました。又、大型自動二輪車、普通自動二輪車も免許取得出来る様になりました。2012年2月2日
※追加⇒聴覚障害者マークの対象外の方で免許証の条件欄に補聴器使用と書いてある方は2016年4月から普通、大型の二種免許が取得出来る様になります。(只、難聴の度合いにもよりますが私の経験では以前3級で聞こえている時でも補聴器使用で静かな所で1対1でお話をする時は相手の口調によりますが6~8割位聞こえましたが離れた場所での会話や車の中、ホール等雑音が入ったり大勢いる所では95%位は声は聞こえても言葉の判別が出来ませんでした。従ってタクシーやバスの運転手になってお客さんとの対応をどうするのでしょうか?)

障害者のための国際シンボルマーク 身体障害者マーク 聴覚障害者マーク 紛らわしい'障害者標識(マーク)'と駐車禁止除外指定車標章   2010年6月9日追加。私は突発性難聴になって両耳全く聞こえなくなり、筆談(手書き)でないと通じなくなりましたので、手話を勉強しょう・・と思っていたのですが、一般の人には手話は通じず殆んど役に立たない事が分かり手話を覚えるのを諦めました。そんな折、病院(口腔外科)の駐車場を出る時に100円入れたのに無人精算機の機械の調子が悪く100円玉が引っかかって止まっているのが見えているのに叩いても落ちません。耳が全く聞こえないので呼び出し電話は勿論通じません。仕方なく、もう一枚100円玉を入れて出てきました。又、最近車検の時、13年以上経った車の調子が悪く仕方なく小型の新車を注文して古い車の荷物を全部出して準備しておりました。荷物の中身は北海道の礼文島から九州までドライブしていた事もありトラブルが起きた時の事を考えてバッテリィ接続コード、特殊なヒューズ、テスター、エアーコンプレッサー、あらゆる工具等完璧に揃えていたのを降ろしたまま古い車で遠出をしました。所がそんな時に限ってパーキングエリアでエンストしてしまいJAFのお世話になる始末です。隣に車を止めていた若い女性の方に電話をして貰い待つこと50分無事到着してくれましたが、私の方から確認の電話も出来ず不安でした。この調子じゃ、山奥で何かあっても助けを呼ぶ事も出来ず、かなり重症だな!と痛感した次第です。
◆そこでこの度、駐車禁止除外指定車標章を貰う為に'障害者手帳'、住民票(自分の分だけで良い)、印鑑(認印)を持って自分の住んでいる警察の交通課に申請して二週間後、「駐車禁止除外指定車標章」を貰って来ました。駐車場では車椅子マークがありますが、私は最初車椅子専用駐車場(スペース)だと思っていました。所が違っていたんですね!具体的に説明しますと障害者のための国際シンボルマーク='障害者'が建物、施設、バス等で利用し易い国際リハビリテーション協会のシンボルマークだそうですね。特に車椅子を利用する人に限定したものではなく、すべての'障害者'を対象にしたものです。最近、介護サービスの車を始め一般の人が自動車に、この車椅子マークを貼ってあるのを良く見掛けますが法的な根拠はありませんので御注意。身体障害者マーク='身体障害者標識(マーク)'。肢体(手足)不自由を理由に自動車運転免許を交付された人(ステッカーは努力義務で罰則はありません)。免許証の条件欄に身体障害者用車両に限定「補助手段を講じた自動車に限る」&「義手・義足」と記されている方のみで、その他の'身体障害者'が貼る物ではありません。2002年(平成14年6月1日)施行。聴覚障害者マーク='聴覚障害者標識(マーク)'。補聴器を付けても10m離れた所で90dBの警音器の音が聞こえない場合、普通自動車運転免許(条件欄に'特定後写鏡')を交付された人(ステッカーは義務付で反則金4000円、行政処分点数は1点)。単純に言うとパトカー、救急車のサイレンやクラクションの音も聞こえない、と言う事です。従って耳の聞こえが悪いから貼る、と言う物ではありません。2008年(平成20年6月1日)施行。'障害者標識(マーク)'は以上ですが車両の前面に置いておく駐車禁止除外指定車標章は別個のもので'障害者手帳'の定める等級によって警察の交通課に申請しなければ貰えません。私は「駐車禁止除外指定車標章」を貰いましたが最初は'障害者専用駐車場(スペース)'に好んで止めようとは思いませんでした。しかし運転を重ねる毎にバックで入れる時は声をかけられたり、クラクションを鳴らされても聞こえませんので安全性確保の為に'障害者専用駐車場(スペース)'に止めるのが必要だな!と思う様になりました。又、先に述べた様に無人精算機の駐車場や自動車専用道路の無人精算機のある所には『聴覚障がい者です 耳が全く聞こえません 現場での対応をお願い致します』と大き目に書いた用紙を用意して呼び出しボタンを押した後、カメラに向けて見せる様にして居りますが、カメラが付いていない無人精算機の駐車場が殆どである等、中々スムーズに行きません。辛いねぇ・・・。精算機は「聴覚障害者専用ボタンが」必要です。又、文字表示の案内が出る様に法律で定めて欲しいですねぇ。
最近'障害者専用駐車場(スペース)'に空きがなく一般の車が止めてあるのを見かけますが公共施設やスーパーでは管理はあまく警察が法律を作ってでも罰則を設けて取り締まって欲しいと思います。
更に分からないのが管理人が居ないのに'障害者専用駐車場(スペース)'の真ん中に一般の人が止めない様にポールを置いてある所があります。'障害者'の人はどうやって止めるんですかね?又、駐車場を管理している方が'障害者標識(マーク)'の事も「駐車禁止除外指定車標章」の事も知らない人がいるんですよねぇ・・・困ったもんです。

※追加⇒'兵庫ゆずりあい(おもいやり)駐車場'   2012年(平成24年4月1日)から兵庫県では「兵庫ゆずりあい駐車場利用証」を発行して幅の広い目の駐車場(スペース)は車いす専用に、乗り降り可能な方は狭い目のプラスワン駐車場(スペース)を設ける様になりました(とは言っても現実は駐車スペースを指示に沿って改良している所は少なく'兵庫ゆずりあい駐車場'の標識を挙げているに過ぎません)。利用出来る登録駐車場は此れからも県とタイアップして増やして行く様です。又、他府県でも相互利用に合意している所は名称は違うがそのまゝ利用出来る様です。「兵庫ゆずりあい駐車場利用証」はあくまで下記の案内標示のある駐車場(スペース)のみで、警察が発行している「駐車禁止除外指定車標章」の様に路上での駐車禁止の除外を受ける事は出来ません。尚、「駐車禁止除外指定車標章」を持っている方は、そのまゝ「兵庫ゆずりあい駐車場」に車を止める事は出来ます。
「兵庫ゆずりあい駐車場制度」の詳しい情報はここをクリック  相互利用している他府県はここをクリック
余談⇒一方、他府県では名称が違い、止められる'障害者'も県によってバラバラです。どうして統一出来ないんでしょうかねぇ・・・。全く耳が聞こえない聴覚障害者マークマークを付けた'聴覚障害者'(運転免許証の条件欄に特定後写鏡と書いてある)が運転している事を知らない方がルールを決めているのでしょうか。誰かに乗せてもらっている時は'障害者専用駐車場(スペース)'に止める必要はないかも知れませんが100%(カミナリやクラクションの音も)聞こえない本人が運転する人への配慮をお願いしたいと思います。「歩けますので健康そうに見えますが音が全く聞こえないので、いきなり車が側を通り跳ねられそうになった事が何度もあります」。


高齢運転者等専用駐車区間の道路標識   平成22年4月19日から高齢運転者等専用駐車区間制度と言うのが施行されました。
高齢運転者等標章「専用場所駐車標章」とは=
  • 70歳以上の方
  • 聴覚障害者マーク'聴覚障害者標識(マーク)'の対象者。【補聴器を付けても10m離れた所で90dBの警音器の音が聞こえない人に普通自動車運転免許を交付された方。運転免許証の条件欄に「特定後写鏡」と書いてある】 。※駐車禁止除外指定車標章を持っている方は利用可能(私は念の為に交通課に申請に行きましたが駐車禁止除外指定車標章で利用出来ます、とはっきり申しました)
  • 身体障害者マーク'身体障害者標識(マーク)'の対象者。【肢体(手足)不自由を理由に自動車運転免許を交付された方。運転免許証の条件欄に身体障害者用車両に限定「補助手段を講じた自動車に限る」&「義手・義足」と記されている】。※駐車禁止除外指定車標章を持っている方は利用可能
  • 妊娠中又は出産後8週間以内の方
以上の方は最寄りの警察署に申請すれば貰えます。しかし「専用場所駐車標章」で利用出来る高齢運転者等専用駐車区間の数は少なく私の町では一ヶ所だけですので恩恵は少ないです。尚、対象者以外の方が駐車した場合は他の場所より2000円高い反則金、放置違反金が課されるので注意。2013/2/12追記

※なぞなぞ⇒以上の四ツに当てはまる方が対象の様ですが、「駐車禁止除外指定車標章」の交付を受けている方は、除外標章を掲示して高齢運転者等専用駐車区間に駐車することができます。と記載している警察署のホームページもあれば、私の県の警察本部のホームページでは「駐車禁止除外指定車標章」の事について何も触れていなかったり判断に苦しみます。上記の四つに当てはまる方の中で「駐車禁止除外指定車標章」を持っている方を対象にしているのでしょうか?。それとも、色々な内臓疾患をお持ちの方も含まれるのでしょうか?。私は耳が全く聞こえませんので電話での確認が出来ませんので分かりやすい説明が欲しいです。又「聴覚障害であることを理由に免許に条件を付されている方」と説明されていますが補聴器使用の方も含まれるのか?色々判断に悩まされました。結局あちこちの警察署のホームページを調べて行きますと 聴覚障害者マーク聴覚障害者マーク 身体障害者マーク肢体不自由者マーク の対象の運転者。と簡潔明解に説明されているホームページが見つかりました。しかし「駐車禁止除外指定車標章」の利用範囲に付いての簡潔明解なホームページは未だ見つかりません。。なぞなぞ。。2013/2/24追記

'障害者手帳'   最近、此のページを見てくれている方が増えて耳が聞こえない事に対する不安の検索が多いので'身体障害者手帳'(聴覚障害)の等級について述べて置きます。特に突発性難聴とは関係なく、片方の耳だけではなく、両耳が聞こえない度合によって決まります。従って片方の耳が聞こえれば大丈夫と言う事です。
2級=100デシベル(dB)以上、両耳全く聞こえない(全ろう)。 3級=90dB以上。 4級=80dB以上。 6級=70dB以上。又は片方が90dB以上、一方の耳が50dB以上。
以上の等級があり、1級と5級はありません(別に平衡機能障害が3級と5級にあります)。
◆一言提唱⇒2級と言っても補聴器を付けたり手術をして聞こえる方もいらっしゃいますので私の様に100%(雷の音も)聞こえない人には1級を与えるべきだと思います。

'障害者'の運転免許統計 平成29年版   日本全国で2017年度末現在の'障害者'が運転免許を持っている方の統計が出ましたので変更して置きます。'聴覚障害者'2級と3級の方でも補聴器を付けて10m離れた所で90dBの警音器の音が聞こえれば運転免許証を取得出来ます。2017年度の統計で補聴器使用の条件で免許を持っている方は40,499人(前年40,411)。その場合は'聴覚障害者標識(マーク)'を付ける必要はありません。2級(全ろう)の方で聴覚障害者マーク'聴覚障害者標識(マーク)'と「特定後写鏡」を付けなければならない'聴覚障害者'が運転免許証を取得している方は1,138人(前年1,059)です。身体障害者マークマークの対象者で条件欄に'身体障害者用車両に限定'で運転免許証を取得している方は196,364人(前年199,693)、義手・義足・そう具の条件で免許証を取得している方は3,912人(前年3,925)です。2018/7/2追記

聴覚障害者マーク高齢者講習の経験   '聴覚障害者'で免許証の条件欄に「特定後写鏡」の運転免許を取得してから早、5年が経ち高齢者講習のお知らせハガキ(免許証の有効期限が満了する6ヶ月前)が来ました。70〜74才までですので75才以上の様に講習予備検査は必要ありません。混んでいる様ですので早速近くの自動車教習所に予約を取って来ました。勿論「特定後写鏡」の免許証で両耳全く聞こえませんので筆談での対応をお願いして来ました。必要な物は⇒運転免許証、高齢者講習のお知らせハガキ、印鑑、筆記具、講習手数料5,800円です。予約日に行きますと約3時間の講習ですが先ずは教室へ入るとテーブルに「いつまでも安全運転を続けるために」と言うテキストがありました。その内容についての説明を若い教官がなされている様ですが私は耳が全く聞こえませんので只、呆然とテキストを見ているより仕方ありません。次にDVDからテレビに写し出される注意映像を見せられます(此れは字幕が出ますので良く分かります)。一旦休憩後、おもちゃの様なシミュレータ(画面・ハンドル・アクセル、ブレーキ)による運転適性検査を行います。画面に字幕が出るのですが遅く何も写っていない時にどうすれば良いのか教官に聞いても側に来てくれません。音声の案内がある様ですが聞こえないので適当に操作して置きました。(此処での適性結果は本人に知らせる為の物で免許更新には影響ない様ですよ)・・と文書で教えてくれでば安心しますが若い教官は筆談は一切してくれなかったのは想定外で驚きました。次に違う担当者が視野測定、動体視力検査を行いました。私も聞こえないと筆談をお願いして改めて正しく理解するのに時間が掛かり辛い思いをします。'聴覚障害者「特定後写鏡」'の制度(2008/6/1)が出来て6年が過ぎ約1年後に私が'聴覚障害者「特定後写鏡」'の免許を取ってから5年になりますが自動車教習所での教習は初めてですが5年の歳月が経っていますので進歩しているのかな!と思って来たのですが'聴覚障害者「特定後写鏡」'+高齢者講習の教室での接し方が全く出来ていませんでした。3年後には講習予備検査もありますので批評と言うよりはお願いとして今回の'聴覚障害者「特定後写鏡」'+高齢講習者への対応方法を述べたいと思います。予めパソコンで文章を作成(1頁以内に収まる筈)しておいて、それをコピーしたのを渡してくれでば理解し易いです。隙間をあけて箇条書きにしたのを進めて行く時の最初に番号をなぞってくれでば助かります。以下に例として述べますが各自動車教習所によって多少違いますので各教習所に合った文章の作成をお願い致します。⇒

  1. 今から「いつまでも安全運転を続けるために」と言うテキストの内容を皆さんに説明しますが貴方は2〜7頁を見て読んでいて下さい。
     
  2. 今からテレビで高齢者の運転マナーについて放映します。字幕も出ますので皆さんと一緒に見て下さい。
     
  3. 今から運転適性検査をします。ハンドル、アクセル、ブレーキの位置を確認して画面を見ながら止まれの標識が出たら直ぐブレーキを踏んで下さい。(その他の操作内容も細かく書いた説明文を作成してください。何故かと言いますと音声案内があるのが聞こえませんので画面が暗くて何も表示していない時にはどうして良いのか分かりませんでした)。
     
  4. 次に視野測定検査を行います。中央の白い大きいめの点を片眼で見て下さい、もう一つの小さいめの白い点を後ろの方へ動かしますから前方の大きい点を見たまゝ小さい白い点が見えなくなったら手を上げて下さい。
     
  5. 次に視力検査を行います、眼鏡が必要な方は掛けたまゝ検査します。見えた方向を手で示して下さい。
    続いて動体視力検査を行います、方向が見えたら即座に此のボタンを押して下さい。
    以上で終了です。此処での検査は本人に情報を提供するだけのもので運転免許更新センターでは目の検査は必要です。
     
  6. 次に下に降りて乗車指導がありますので皆さんと一緒に行きましょう。

以上の様な内容の説明文を予め作ってコピーしたのを見せてくれますと非常に助かります。更に75才以上になりますと講習予備検査も加わりますのでその内容説明文も作っておいて下さい。私が大ざっぱに作った此の内容を見てお怒りもあるでしょうが全く聞えない側に立った思いやりの協力をお願い致します。
此の後、外に出て車での実車指導がありましたが担当者は初めから筆談してくれました。有難う御座いました。私は三人の中で三番目に廻してくれましたので状況が良く分かって助かりました。乗車指導の中で私の為に車庫入れの後に前に進んでわざと前輪を脱輪させてバックで戻す時のブレーキを踏む反応テストが含まれている様です。これで無事合格して高齢者講習終了証明書を貰って来ました。2014/8/12追記

'聴覚障害者'をないがしろにした講習(2014年)でした。「特定後写鏡」の更新で耳が全く聞こえない事を伝えていても受付では名前は呼ぶは教官は筆談は一切なしで後ろから喋るは質問しても答えは帰ってこない等お粗末な内容で此れでは'聴覚障がい者「特定後写鏡」'の免許取得者は増えないな、と実感しました。尚三年後に受けた要約筆記による方法が良い事が分かりましたので下記を参照して下さい。2014/8/12⇒2017/7/3追記

要約筆記の嬉しい対応⇒聴覚障害者マーク+認知機能検査と高齢者講習の経験   2017年3月12日(平成29年9月12日以降に免許証有効期限になっている方)より高齢者講習が厳しくなり75才以上の方は先に認知機能検査を受けなくてはならなくなりました。免許証有効期限の六ヶ月前に公安委員会の運転免許課より通知のハガキが来ます。先に述べた様に前回は余りにも酷い講習でしたので地元の警察に相談しましたら’障害者’の対応が整っている小野自動車教習所を紹介してくれました。早速  聴覚障がい者(特定後写鏡)の免許を持っていますが両耳全く聞こえない主旨を書いてFAXで認知機能検査の予約を申し込みました。所長より返信FAXが届き、高度難聴の方は要約筆記の派遣制度を利用したら良いですよ!と教えて頂き社会福祉協議会にも連絡を入れてくれました。早速社会福祉協議会に行って筆記の依頼と小野自動車教習所に電話をして貰い認知機能検査の予約をお願いして貰いました。
予約日に行って先ず受付で’聴覚障がい者’のカードを見せますと黙って筆談してくれました。ソファーで待っていますと足元まで来てくれて筆談してくれました。所長も名札を見せて紹介してくれてその上、要約筆記の担当者が到着すると教えてくれました。筆記担当者は別 の所へ呼ばれまして答えを教えてはいけない主旨の指導をされている様でした(例えばイラスト説明が終わった筆記は裏返して私が見えない様に反対側に置く)。 時間が来て教室へ入りますと時計も見えましたが始まる頃には扉を閉じて時計は見えなくなっていました。試験が始まってイラストの説明をされている時に私がボールペンを持っていますと筆記者に怒られました。私がペンを持った理由は「教官が始め」と言った時に筆談者が書いてくれてからスタートしなければなりませんのでどうしても遅れますので準備をしていました。所がその必要はない様です。教官は筆談内容も見ながら事を進めてくれていました。単なる試験を進行するだけでなく行き届いた配慮に感激しました。親方が良ければ末端まで行き渡っている感じで私は初めて満足する事が出来ました。検査結果の内容は B=76点以上で2時間講習。C=49~75点でドライブレコーダーによる個人指導が増えて3時間講習。D=48点以下は医師の診断書が必要。
認知機能検査が終わり自宅で待っていますと運転免許課講習係より通知のハガキが来ました。私は幸いBの高齢者講習でしたので改めて小野自動車教習所にFAXで予約入れました。所長から社会福祉協議会にも電話をしてくれていまして二度目の要約筆記のお世話になりました。
予約時間の30分前に到着すると筆記者が既に来てくれていまして助かりました。講習内容はビデオ(字幕付き)と双方向講義で自分に適応した内容を詳しく教えてくれて質問にも対応してくれました。次に三つの検査器で目の適性状況を調べて後で指導してくれます(この時も筆談者が居てくれて助かりました)。最後は実車運転指導を行います(この場面では筆記者は付けられませんが教官が筆談してくれます)。私は耳が全く聞こえないので最後(三番目)にしてくれましたので助かりました。私は「止まれ」の所で十分確認したのですが教官から少し「せっかち」だと言われましたので今後気を付けたいと思います。以上の講習で終了証明書を頂きました。今後誕生日の40日前に運転免許証更新のお知らせハガキが来ますので誕生日の1ヶ月前から更新手続きが出来ますが私の住んでいる所は明石免許更新センターへ行かなくてはなりません。耳が聞こえないと大勢いる所は適正な対応をしてくれませんので小野警察署で受け付けてくれる事が分かりましたのでお世話になろうと思いました。2017/7/3追記

全国の自動車教習所にお願い   上記で述べた様に私は初めて耳が全く聞こえない「特定後写鏡」への対応に満足する事が出来ました。私個人的には今後も小野自動車教習所にお世話になればそれで良いのですが日本全国で高度難聴で「特定後写鏡」の免許を取りたいと思っている方の為にこの方法が一番良いと実感しましたので此処で述べさせて貰う事にしました。

  1. 社会福祉協議会の要約筆記を頼む(本人は前もって社会福祉協議会に介護の登録をしておく)
     
  2. 筆記者にお願いすれば全て解決!!と言う事は絶対ありません。指導者が'聴覚障害者'に対する対応の仕方を知り尽くした人材が必要です。手話は一般の人がいる所では迷惑になりますし中途失聴者や高度難聴の方で手話が出来ない人も多くいますので要約筆記が一番良いと思いますし自動車教習所側も手話担当者を雇わなくて済み負担も軽減されます。
     
  3. 受付から教官まで高度難聴の対応の仕方を前もって実地訓練をして直ぐ対応出来る様にしておく。
     
  4. 例えば
    ・受付で'聴覚障がい者'カードを見せますと黙って筆談する、ソファーで待っていると前まで行って筆談する。
    ・教官は後ろから喋ったり一方的な進行をせず、筆記者の内容も確認しながら事を進める。
    ・筆談してくれた用紙は本人に渡してはいけない物と、本人に渡しても良い物との柔軟性も必要です。何が何でも書いた物は渡さないと言うのは間違いです。 その点、小野自動車教習所では完璧でした。

以上、簡単にまとめましたが気が付いた事があれば後で修正したいと思います。2017/7/3⇒2017/7/9追記

ゆずりあい(おもいやり)障害者専用駐車場について   此のページで何回も述べています様に全国の'ゆずりあい(おもいやり)駐車場'では'障害者用スペース'の案内標示(下記)にいまだに聴覚障害者マーク'聴覚障害者標識(マーク)'がありません。2008年6月1日から始まった聴覚障害者制度「特定後写鏡」は一早く警察では、高齢運転者等標章「専用場所駐車標章」が出来た時も70才以上とは別に聴覚障害者マーク'聴覚障害者標識(マーク)'の対象者と身体障害者マーク'身体障害者標識(マーク)'の対象者も止められる事を明記しております。それに対して全国の'ゆずりあい(おもいやり)駐車場'では9年が経つにも関わらず聴覚障害者マーク'聴覚障害者標識(マーク)'がありません。その上、他府県によっては聴覚障害者は駐車させない、と言うのはどう言う事なのでしょうか!!雷の音(パトカー・救急車の音)も聞こえない本人が運転している事を知らないと言えばあまりにも未熟すぎます。国土交通省並びに各県の担当者はしっかりしてほしいと思います。2017/7/3⇒2017/8/15追記


私の独り言、修正   私が'突発性難聴'になって両耳全く聞こえなくなった(2009年9月)当時は周囲の人は手話の真似事をして見せたり私と話そうして寄って来ている人を無理やり引き離したりして異常な行動で馬鹿にされました。又私が'聴覚障害者「特定後写鏡」'の免許を取得した当時のインターネットでは何で耳の聞こえん奴に免許やるんだ、と激しいやり取りをしていました(今では削除されて見当たらなくなりました)。それから歳月が流れたので少しは良くなっているのでは・・と期待もありましたがなんら変っていない様です。そこで此れから両耳全く聞こえない(全ろう)方が免許を取りたいと思っている方の為にも一言私の経験を元に述べさせて貰う事にしました。題して「私の独り言」です。'聴覚障害者「特定後写鏡」'の運転免許を持っている方は2016年度末現在の統計で日本全国で1,059人(前年951)です。一年で僅か100数名しか増えていません。何故だろうか?現在「特定後写鏡」の免許持っている方全員の方に状況を聞きたいですがアドレスが分かりませんので連絡出来ません。そこで仕方なく「私の独り言」と題して述べて見たいと思います。聴覚障害者団体は自動車教習所に対してもっと手話の出来る人を増やしてほしいとか、'聴覚障害者標識(マーク)'を付けるのは個人選択にしてほしいとか要望がある様ですがそれは関係ないと思います。一番に思うのは'聴覚障害者'に対する思いやりの欠如と能力の問題だと思います。
此処では前回高齢者講習(2014)を受けた時の批評を述べていましたが前記で述べた様に要約筆記で進めて行く方法が一番良い事が分かりましたので削除しました。'聴覚障害者(全ろう)'の皆さん辛いでしょうが頑張って免許を取得して安全運転をして下さい。ドライブすると世界を見る目が広がります。2017/7/3⇒2017/7/30変更追記

  • 聴覚障害者マーク'聴覚障魏者標識(マーク)'はちゃんと付けて下さい。その方が安全です、後ろから来る救急車等には気付くのが遅れますし相手のパトカー、救急車も気を付けてくれます。私は聴覚障害者マークマークが剥げてきたら早目に新品と交換しています。私は「前の車が左により、右側の車が右に寄れば後ろ・横からパトカー&救急車」と言う標語を作って運転席の前に貼ってあります。
     
  • 発進の時や、進路変更の時は予め十分確認してから実行して下さい。
     
  • 車の種類によって死角の大きいのがありますので左右に曲がる時は安全確認を十分にして下さい。(何度も左、右、前をきょろきょろして確認)
     
  • 最近はナビゲーションを付けている車が大半であるので同時にバックカメラも付けて安全確認をして下さい(ガイド線は自分の車に合わせてきちっと設定して下さい)。但し、基本は後ろを完全に振り向いて目で確認する事が大事です。
     
  • 更に「バックします」と言う音声アラームを付けて下さい。鳴らす必要のない時(うるさい)の為に必ず運転席の所にスイッチを取り付けて下さい。
     
  • 駐車場には'障害者用スペース'にバックで止めて下さい。頭から入れるとバックする時にクラクションを鳴らされても聞こえないので危険です(車イス専用幅3.5mとその他の'障害者'2.5mプラスワン幅に分けて作ってある所へは2.5mプラスワン幅の'障害者用スペース'に止めて下さい)。無理に'障害者用スペース'に止める必要もありませんので安全な駐車スペースが見つかればそこで良いと思います。
     
  • 同時に「駐車禁止除外指定車標章」と「ゆずりあい(おもいやり)駐車場利用証」を入手して下さい⇒此のページ内にある「兵庫ゆずりあい駐車場」を参考に申請して下さい。只、本人が運転している聴覚障害者マークマーク対象者「特定後写鏡」として認めている都道府県はなく、運転していない人も含めた'聴覚障害者'2・3級としての申請になります。皆さんが住んでいる県によって'聴覚障害者'は認めていない所もありますので、こうゆう所へは激しく抗議して下さい。私一人の力ではどうにもなりませんので皆さんのアピールが必要です【県単位では聴覚障害者マークマーク対象者「特定後写鏡」の免許を持っている方は僅か十数名位(貴方の住んでいる町では一人いるかいないか位)しかいませんので、ないがしろにされていますので担当者に分かりやすく説明してやって下さい】。2014/8/30追記

義務付にすべき    '障害者標識(マーク)'を付ける方のルールが決まっておりますが、付けなくてもよい人が付けて町を走っています。付けなくても良い人が'障害者標識(マーク)'を付けていても罰則されません。此の所がやたらとべたべたと張っている原因になるのではないでしょうか!もう少しルールをはっきりして付けなくても良い人が付けていれば罰則を設けるべきだと思います。
聴覚障害者マークの対象者=運転免許証の条件欄に「特定後写鏡」と記されている方のみでステッカーは義務付で反則金4000円、行政処分点数は1点です。それに対して身体障害者マークの対象者=運転免許証の条件欄に身体障害者用車両に限定「補助手段を講じた自動車に限る」&「義手・義足」と記されている方のみで、その他の'身体障害者'が貼る物ではありません。ステッカーは努力義務で罰則はありません。やはり身体障害者マークの対象者も義務付にすべきではないでしょうか。どちらの'障害者'も本人が運転しているマークであり横に誰も手助けになる人が乗っていない時に何かあると困ります。そう言う意味においても義務化する事によって、張らなくても良い人(私は'障害者手帳'を持っているからとか、勝手な解釈を元に身体障害者マークマークを付けて'障害者専用駐車場'に車を止めています)への罰則制度を厳格に行えるのではないでしょうか。最近では聴覚障害者マーク'聴覚障害者標識(マーク)'を付けるのは個人選択にしてほしいと要望がある様ですので、こうなって来ると'障害者マーク'を付ける意味が益々曖昧になって来ます。曖昧さをほっとけば曖昧が増えるだけです。
尚、障害者のための国際シンボルマークマークについてはあまりにもベタベタ張っているが法的な根拠はありませんので発言は控えさせてもらいます。2014/9/7追記

自分専用の'聴覚障がい者'カードを作ろう   耳が全く聞こえなくなると一般の人に理解して貰うのは大変です。最初は'耳マークカード'を使っていました。しかし、殆ど役に立ちませんでした。一般の方は'耳マーク'の事も知らないし、「私は耳が不自由です」の表示に対して必ず喋りに来ます。又、「筆談して下さい」の表示で筆談の意味が分からない人がいます。そこで自分で表示カードを作りました。カードの文章は聞こえない方の度合いによって其々違います。私の場合は中途失聴者(全ろう)で手話は出来ませんので今までの経験からカードの大きさ、文字の大きさ・種類等を考えて作りました。背景に色、模様は一切付けずコピー用紙の白紙のまゝがいいです。B5(182×257)の用紙(A4でも良い)を四つに折り、L判サイズ(89×127)に正確に裁断。此れでL判サイズが四枚出来ましたが1表側と2裏側のカードを二枚印刷しますが、余った白紙の二枚は1表側と2裏側の間に挟んで(写らない様にする為)ケースに入れます。ケースはB7軟質カードケース(内径95×132)を買います。硬質カードは変形するので止めた方が良いです。
カード1(表側)を相手の方に見せるとスムーズに行く様になります。一度見せても未だ喋りに来る場合はもう一度カードを黙って相手に渡す様にして見せて下さい。決して自分の口で説明しないで下さい(口を動かすと相手も反射的に喋って来ますので閉じたまゝが良い)。そして筆記用具を渡して下さい。その後は自ら喋る言葉に対して筆談(手書き)してくれる様になります。2(裏側)は聴覚障害者マーク'聴覚障害者'本人が運転して無人精算機のカメラ付きを利用する場合に呼出しボタンを押した後にカメラに向けて見せる時に使います。Word 2010で作っています。
1.docx へのリンク(表側)   2.docx へのリンク(裏側)    フォント=AR明朝体U   フォントサイズ=聴覚障がい者です⇒30 他は28
下記は1(表側)の文章のみで活字の大きさ、種類は違いますので1.docxへのリンクを起動してそのまゝ印刷して下さい。

聴覚障がい者です
耳が全く聞こえません
筆談(手書き)での対応
をお願い致します

PDFファイル希望の方は⇒1.pdf へのリンク(表側)    2.pdf へのリンク(裏側)    PDFサイズに合わせて用紙を選択にチェックを入れて印刷(127×89になっている事を確認)。実物より少しだけ小さく印刷されるかも知れません。
 
無人精算機には'聴覚障害者'専用ボタンが必要   以前から不安だった無人改札口を出る時に切符を入れるとゲートが閉まってしまいました。料金も確認しましたが間違いありません。帰る時に先に買っておいてポケットに入れて置いたのが変形しているのかな、と思いましたが大きな変形はありません。晩遅かったのですが若い女性の方が一人来ましたので私は耳が全く聞こえませんのでインターホンでの対応をお願い致しまして辛うじて改札口より出る事が出来ました。やはり「聴覚障害者専用ボタン」が必要です。此の度は山陽電車を利用しましたが一企業の問題ではなく無人改札口がある全体の問題です。私は中途失聴者(全ろう)になって四年近くになりますが自分がこんな病気になった事への辛さを感じていましたが此の度の人がいなければどうにもならない無人改札口のトラブルについて怒りを感じました。下記にトラブルが起きて困った事をまとめました。

  1. 駅員が全くいない無人改札口のトラブルに対処出来ない
  2. 無人駐車場のトラブルについても対処出来ない
  3. 自動車道での無人精算機はスムーズに行かない
  4. 銀行で15時以降ATMのトラブルで対処出来ない(側に居る他人さんに通帳を渡して暗証番号を言ってインターホンでの対応をお願い出来ない)
以上の経験をしましたが、どうしても'聴覚障害者専用ボタン'が必要です「解決策が必ずある筈です」。
同時に思うのですが私は中途失聴者(全ろう)になって四年近くになり、辛さを身に染みて感じますが、今までから耳が全く聞こえない(全ろう)方が多くいらっしゃる筈なのにどんどん無人化が進み'聴覚障害者'を無視している現状を見ると怒りと驚きを感じます。
2013/8/2追記
 
'中途失聴者(全ろう)'になってからの辛い経験を箇条書きに   健聴者の方から見ると我々'聴覚障害者'は嫌われるかも知れませんが2008年(平成20年6月1日)に施行された聴覚障害者マーク聴覚障害者運転免許制度のお蔭で県内を主として彼方此方に引き続き自動車で出掛けられる事は有難い事だと思い感謝して居ります。此処では運転を重ねる毎に感じる事を述べて追加して行きたいと思います。
  • 途中でも述べた様にバックで入れる時は声をかけられたり、クラクションを鳴らされても聞こえませんので安全性確保の為に'障害者専用駐車場(スペース)'に車を止めるのが必要と思います。
     
  • 無人精算機が増えた駐車場ではスムーズに行きませんので「聴覚障害者専用ボタン」が必要です。同時に精算機は文字表示の案内が出る様に法律で定めて欲しいです。最近(2013/6/22)自動車専用道路で初めて無人精算機に出会う事になり'障がい者'用呼出レバーを下げようとしましたがスムーズに行きません。仕方なく呼出ボタンを押してカメラに向けて『聴覚障がい者です 耳が全く聞えません 現場での対応をお願い致します』と書いたカードを見せて待ちましたが伝わっているのか、どうかが分からず不安でした。やはり「聴覚障害者専用ボタン」が必要です。
    ※追加⇒昨日(2017/5/12)播磨自動車道を出る時にETCカードではガードが開かず二度目の辛い経験をしました。聴覚障害者マークマークもありますレバーを下へ下げる様に書いてありましたが下へ下がりません左右なら動きます。「直ぐそちらに向かいます」と文字表示が出れば安心して待っていられますがどうしたら良いか戸惑います。
     
  • パトカーが緊急性のない時(サイレンを鳴らしていない)にも回転灯を回して走っている時に思わずブレーキを掛けますがパトカーが動かないのでサイレンを鳴らしていないのかな?と思いながら進みます。その点、救急車は必要ない時は回転灯を回していませんので助かります。
     
  • 耳が全く聞こえなくなるとテレビを見るのも面白く無くなってしまいます。現在は洋画で字幕が出る放送が唯一の楽しみとなっています。しかし残念な事に日本の一般的な放送で字幕の出る位置が中央の顔のど真ん中に出たりします。折角の字幕が台無しになってしまいテレビを見る気になりません。もう少し洋画の翻訳の様に字幕が出る位置を工夫してほしいです。又テレビ側でも自由に字幕の出る位置や縦字に変換したり、活字の大きさを調整できるテレビを法的に発売される事を期待さたいですね。更に字幕が出る時間が実際に喋っているのより遅れて表示します。間違って表示していても良いから正に同時表示にしてほしい。
    尚、先に述べた様に最近一部のテレビ番組で音声と同時生字幕放送が出る様になって来ましたが、この技術を活用して有名アプリ開発会社、更にスマートフォン製造会社(取り外しの出来るマイク付Sペン)とタイアップすれば短い期間に'聴覚障害者'の役に立つスマホが出来る様になると思います(喋った声が文字に変換)。是非お願します。2015/5/28追記⇒2016/2/24追記 
     
  • 耳が100%聞えない人への連絡法=FAX、パソコンのメール、携帯Eメール・SMS ですが素早く連絡し合うのは「携帯Eメール・SMS」が良いです。公的機関や事業所等からの連絡法も携帯Eメール・SMSで連絡出来る様になれば助かります。最近の経験ではマイナンバー(個人番号カード)の受け取り予約の電話番号が記載してありましたが電話が出来ませんので直接予約に行きますと担当者も知らない様であっち、こっち行かされスムーズに行きません。'聴覚障害者(聾)'の事を考えた設定は一切なく、ないがしろにされています。'聴覚障害者'同士の集いや福祉ではなく一般の人との交流がもっとスムーズにいける様なシステム(構築)がされなければ何時まで経っても'聴覚障害者(聾)'が取り残されてしまいます。2016/2/13追記
まとめ「全聾、中途失聴者になって此れまでの経験からのお願い要望を短くまとめました」 2015/9/16追記 ⇒2016/2/9追記
  1. 免許更新(高齢者講習)の時は要約筆記派遣制度を利用するのが良い。同時に指導者が'聴覚障害者'に対する対応の仕方を知り尽くした人材が必要です。2017/7/3追記
     
  2. 聴覚障害者マークの対象者と身体障害者マークの対象者は義務付にしてその他の人が貼った場合は罰則を設けるべきだと思います。
     
  3. 各県で区々な思いやり駐車場(障害者専用スペース)は統一して聴覚障害者マークの対象者「運転免許証の条件欄に特定後写鏡」を明記すべきだと思います。あまりにも知らない人が多すぎます。
     
  4. 無人精算機「改札口、駐車場、銀行のATM」等のトラブルに対処出来ないので'聴覚障害者'専用ボタンを設置してほしい。
       
  5. パトカーが緊急性のない時(サイレンを鳴らしていない)は回転灯を消して走ってくれれば助かります。
       
  6. 耳が全く聞こえない人の為にスマホの音声入力アプリ(喋った声が文字に変換)の開発に政府は力を入れてほしいです。スマホより少し離して喋っても認識が出来る様に優秀なアプリ開発会社を選んでほしいです。全く役に立たない(★一つ以下)質の悪いアプリを'やらせ'の様に★★★★★を五つ入れて役に立つ素晴らしいアプリの様に表現していますが、あまりにも見苦しいです。本当に'聴覚障害者'(全聾)の為に思うならば'やらせ'は止めてアプリの正しい批評も受け入れて前向きに修正していってこそ'聴覚障害者'に役に立つアプリが出来るのではないでしょうか!現在では「Google音声検索」を利用したアプリが変換精度が高いのでそれに匹敵する技術のあるアプリ開発会社を選ぶ事が大事だと思います。 私はSペン付のAndroid版スマホを利用していますが此のSペンがマイク付きに改良されて相手(健聴者)にそれを持って喋って頂いたらスマホに文字表示が出る様になったら助かるアプリになると思います。耳が聞こえない同士よりも健聴者との会話に困るからです。是非お願いします。2015/12/6追記
    ◆上記のテロップの部分はプリントすると正しく印刷されないので此処で改めて表示して置きます⇒「私はSペン付のAndroid版スマホを利用していますが此のSペンがマイク付きに改良されて相手(健聴者)にそれを持って喋って頂いたらスマホに文字表示が出る様になったら助かるアプリになると思います」。2016/10/28追記
     
  7. 公的機関や事業所等からの連絡方法に電話番号の明記があります。耳が100%聞えない者にとって電話の応対が出来ません。携帯Eメール・SMSでの連絡法を法的に定めてほしいです。2016/2/11追記
最近ヤマハが開発したアプリ「おもてなしガイド」をヤマハの地元であるJR東海を中心に東京から関西の交通機関や施設で案内アナウンスの声が外国語(8言語)の他日本語もスマホに表示して知らせてくれる実証実験を2018年3月まで行う、と言う事です。列車内での試験もして将来「聴覚障害者向けのスマホ対応も検討中」と言うことですので期待したいと思います。2016/8/29追記
◆Android版バージョン2.0が利用出来る様になりましたのでGoogle Playよりダウンロードして見ました。私の住んでいる所では実証実験をしている場所より離れていますので確認出来ませんがスマホを利用する時はマイクを利用する関係で上下逆にして使う様です。2016/9/20追加
◆後に「おもてなしガイド」の影響で「Google音声検索」とそれに連携している音声入力アプリにトラブル発生して機能しなくなりました。国立研究開発法人、情報通信研究機構(NICT)の「Voice Tra」に連携する様になったヤマハの「おもてなしガイド」を2016/11/3にアンインストールしたら直りました。過去に於いてGoogle音声検索や連携している音声入力アプリにトラブルが起きて困ったのは何れも国立研究開発法人、情報通信研究機構(NICT)の関連するアプリでした。2017/1/19追記

パソコンを利用した音声入力テキストが見つかりましたので報告して置きます「自動音声認識&インスタント翻訳ソフトウェア」。自宅に知り合いが入って来た時に音声入力で文字表示してくれますので助かります。Speechlogger(スピーチロガー)を利用するにはブラウザをGoogle Chromeを利用している環境が必要です。此の時点での私のパソコンはWindows10(バージョン1607、ビルド14393.105)ですのでMicrosoft Edgeを利用していましたがGoogle検索が正常に反応してくれなくなり仕方なく Google ChromeをインストールしましたらGoogle検索も正常に機能する様になりました。Windows10での切り替えは=Google Chromeを先にインストールしておく「パソコン版 Chrome」⇒設定⇒システム⇒既定のアプリ⇒webブラウザ⇒Google Chrome⇒下側にある、アプリによって既定値を設定する⇒Google Chromeをクリック⇒下側の、すべての項目に対して既定のプログラムとして設定する。以上で完了ですが他に切り替わってはいけないもの(メール等)があるか確認して自分の責任において設定して下さい。自動音声認識&インスタント翻訳ソフトウェアを起動してマイクをクリック(始めだけ利用許可の設定)して喋りますが喋り方、間隔は利用して見て覚えて下さい。自動句読点にチェックをいれます、左側の歯車の形をした設定で全画面表示にします。文字をクリアするのは右側のフォルダをポイントしてごみ箱をクリック。 私はノートパソコンで内蔵マイク(正面上のカメラの隣)が付いており反応は良いですが外付けマイクのテストはしていませんので分かりません。ユーザー登録の必要なく無料で利用出来ます。2016/9/5⇒2016/12/13追記

信号待ちでスマホでゲームは辞めようよ!!
'聴覚障害者'に関係なく、左折する時は細心の注意を払って確認しますがスマホに夢中になっている人を見かけて徐行しながら進みますが進まないと思っていた人が突然周囲も見ずに突進して横断歩道を渡ります。私は安全の為にスマホに夢中になっている人を見かけた場合は「左へ曲がります」と言う音声アラームのスイッチを入れますが効果なしです。事故が起きれば一方的に自動車側に責任がある様になってしまいますが信号待ちの所でスマホに夢中になるのは危険ですので罰則を設けるべきだと思います。2016/10/3追記

Google音声検索、音声入力アプリがトラブル、原因は「こえとらでした」後に「おもてなしガイド」でも発生
最近、色々な音声入力アプリの日本語表示が増えて来て少しずつではあるが性能が向上して来ていますので'聴覚障害者'に役に立つアプリが出来る事を将来に期待したいと思います。NICTの「Voice Tra」等もあります。そこで1年6ヶ月振りに「こえとら」をインストールして見ましたら機能は全く向上していませんでした。やはり「Google音声検索」を利用した以前からあるアプリの方が変換精度が高いです。そんな折突如、時間帯によって「Google音声検索」が機能しなくなり同時にインストールしている音声入力アプリが全て機能しなくなりました。スマホの各種設定の見直しや再起動も試しましたが駄目ですので auショップへ行って来ましたら今度Googleの更新をして見て下さい、と言う事で更新通知が来るのを待ってGoogleアプリを更新しましたが直りませんでした。そこで改めてインストールしている音声入力アプリを調べ直す事にしました。それぞれのアプリの評価のトラブル情報を確認しましたら「Voice Tra」が2016/8/24にNHKで放送があってからサーバーに繋がりにくい、と言う情報がありましたので「Voice Tra」をアンインストールしましたが影響なしでした。そこで「こえとら」の評価を見ますと相変わらず★★★★★を五つ入れた優秀評価(やらせ)で参考になりませんので思い切って「こえとら」をアンインストールしましたら思い掛けず直りました。Google音声検索もインストールしている全ての音声入力アプリ、現在使っている「音声入力 Voice」も正常に機能する様になりました。二週間悩み悩んでやっと解決しました。今後三度と「こえとら」をインストールしません。2016/10/8追記
◆約一ヶ月後の2016/10/30からも「Google音声検索」とそれに連携している音声入力アプリにトラブル発生して機能しなくなりました。国立研究開発法人、情報通信研究機構(NICT)の「Voice Tra」に最近連携する様になったヤマハの「おもてなしガイド」を2016/11/3朝にアンインストールしたら直りました。('聴覚障害者'の為の音声認識アプリを期待していたのですが他のソフト「Google音声検索や連携している音声入力アプリ」まで影響を及ぼし、それを直ぐ気付いて修正してくれれば良いのですがGoogle音声検索や連携している音声入力アプリを利用している者にとって原因を調べるのにいらいらします)。過去に於いてGoogle音声検索や連携している音声入力アプリにトラブルが起きたのは何れも国立研究開発法人、情報通信研究機構(NICT)の「Voice Tra」に連携している「おもてなしガイド」と「こえとら」でした。2016/11/29追記

耳が全く聞こえない(聾)人には障害者手帳は1級にすべき   2級と言っても補聴器を付けたり手術をして聞こえる方もいらっしゃいますので私の様に100%(雷の音も)聞こえない人には1級を与えるべきだと思います。2016/12/16追記

 
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

index.html    応援のメールを下さい→ 突発性難聴についての連絡先